最近のトラックバック

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

日刊スポーツ映画大賞

今日は朝からWSチェックをしていました。

というのも、昨日日刊スポーツ映画大賞の授賞式があったからです。

別に映画好きだからチェックしてたわけではなく、主演男優賞の授賞式で、木村→中居に手渡される、と前々から評判になっていたので、先日のミュージックステーションは、まんまと見逃しましたが、これだけはチェックしなくちゃ!と張っていたわけです。


スマファンだったら、中居木村の2TOP授賞式は見逃せないですよね!!:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


だがしかし、朝のWSではチェックできず(T_T)

12時またぎのWSで、かろうじてコメントを話してるところだけ見られました。


もっと2人が照れくさそうに向かい合ってるところが見たかった~

この2人でなにかやってるところなんて、ほとんど見られなくて貴重だったのにぃぃぃ!!


でもまあ、日刊スポーツの紙面のほうで笑っちゃってる授賞式の様子が写ってるし、これはとうぶん保存版です(^人^)

なんというか、この二人が前を突っ走っててくれると、smapは当分安泰だなという気がします。

そういえば、木村君の髪は今日はクルクルしてなかった。

あれって、別にパーマじゃないのかな??

今日はボツ日

今日は1日二日酔いでしたdespair

昨日、嬉しくなって飲みすぎたらしいです

飲んでる最中は、なんともないんだけどなぁ

ほとんど布団から離れられず、ああもったいない!!

さて、一日遅れですが、全日本フィギアのフリーを見ました。

やっぱり、最終組に入る6人はすごい!

それまでの組とは断然違いますね。どの人も粒よりで、見る前からワクワクしました。

その中でも、印象に残ってるのは、鈴木明子さん、村主章枝さん、浅田真央ちゃんの3人。

鈴木明子さんの演技は、やっぱり素晴らしかった~

DVD何回もリピートしました。

ショートプログラムよりも、はっきりした女性を演じるプログラムのほうが似合ってる!

スケートを見ていると、演技前にアナウンサーがこういう人を演じると説明していても、技が決まるかどうかが気になって、キャラクターとか曲にあってるかが二の次になっちゃう人もいます。

もう技がすべて!という感じ。競技会だから仕方ないんだけど。

鈴木明子さんのプログラムは、技が演じている世界を壊さない。ジャンプもスピンも、この演技をやる上では必然、と感じさせてくれます。

だからこそ、余韻に浸れるし、終わったとたんにスタンディングオベーションで迎えられたんだろうなと思います。

なのになのに、4位なのがくやしい!!


村主さんは、体が本当にしっかりしましたよね。

昨年までのひょろ~としてるイメージがなくなって、闘える体に仕上げてきた感じ。

ジャンプとか、スパイラルとか、技の切れが違ってて安定感が抜群、勝ちに来てる感じがひしひしとしました。

その分、持ち味のドラマチックさが薄れてしまった気がしますが、でも、体の伸びやかさが今までと違っていて、ストレートラインステップでは力強さがましていました。

今まで、なんとなく表現力が先走りしていて、体がついていってないように見えました。

でも、表現したい世界をこの体なら表現し切れるのでは!

27歳からさらに一皮向けるなんて、すごい人だわ!!


そして、真央ちゃんは、6人の中でも別格。

一人だけ違うところで演技しているように見えました。

観客の集中力も違うし、期待しているものが違う。

前人未到のものを見せてもらってる感じです。

あのプログラムを、減点なしで滑りきるときは来るのでしょうか?

というか、別にビデオで見返してまで、正確さを要求しなくたっていいんじゃないの??と思っちゃうのは私だけですかね。

ちょっと着地のときにそちらの方向を向いてない、それが何?って。

こんなときに、そういえば競技会だものね、技が決まってナンボよね~と思います。


そして、今日のエキシビション

どの選手も、こちらの演技のほうが伸び伸びやっていて見ていて楽しかったです。

今まではオマケのようで、特にエキシビションに期待してなかったのですが、純粋に見てて面白いのはこちらかも。

小塚君も新たな一面を見たし(でも、小塚くんのフリーは、ジャンプに失敗したとはいえ迫力があってすごく良かったです)。

スケートを見る楽しみが増えました。

でもやっぱり、生で見るのにはかなわないんだろうなぁ。

来年は、一度くらいは生で見てみたいものです!

忘年会

昨日は、鍼灸マッサージ師仲間と忘年会でした。

学校を卒業してもうすぐ6年、毎年欠かさず忘年会で会っています。

昨日集まったのは10人

みんな、マッサージやはり灸の仕事を続けていて、開業している人が半数になりました。


話題はといえば、患者さんのことが中心

こんな人がいる、とか、こんな症状の時にはどうやって治療してる?とか

他にも、開業組に経営について質問したり、税金について聞いてみたり、勉強会の話、心理学の話などなど

話題がずっとつきませんでした。


いやもー、みんな真面目ですね(^^)

はり灸やマッサージは、人それぞれやりかたが微妙に違います。

学校で習うのは、本当に基本的なことだけで、その後を積み上げていくのは自分の勉強しだい。

これで正解!というものはなくて、一人一流派といわれています。

また、別に経営について学んでいるわけでもない。

それだけに、迷ったり、不安に思うことが多くて、開業していれば尚更です。


みんな休日がばらばらで、普段はメールでのやり取りが中心ですが、

直接会って話ができると、楽しいし、同じように悩んで進む人がいることを確認して安心します。

そして、みんなで知恵を出し合えるので、乗り越えていく材料にできます。

3時間くらいの飲み会じゃ物足りない。

もっと会いたいなぁと思います。

来年は、もっと飲み会とか企画しなくちゃ~

さむっ(><)

今日は寒かったですね~sad


今日は訪問マッサージの日

自転車乗って利用者さんのお宅をまわるのがつらかったです。

血圧を測るときに、「あら、手が冷たいわね~」と言われてしまいました。

とほほ、すみません

そんな訪問マッサージも、今日で仕事納め。

来年までおたがい風邪を引かないようにしましょうね、とご挨拶してきました。

みなさん、楽しいお正月を迎えられるといいなぁ。

来年のマッサージで、いろいろとお話しするのが楽しみです。


そして、今日はスケートの全日本選手権、女子ショートプログラム。

予想通りの3強が上位でしたね。

きっと、この3人で優勝争いをするんだろうなぁと思いますが、私が楽しみなのは、最終グループ残りの3人の鈴木さん、武田さん、村主さんです。

みんな表現力豊かな選手たち。

踊り心を存分に発揮した、素敵なフリーが見られると思って楽しみにしています。


そして、リンクサイドの各コーチの表情も楽しみ♪

真央ちゃんのタラソワコーチは選手に負けず劣らず表現力豊かですが、4選手のコーチについているモロゾフコーチにいつも注目しちゃいます。

村主さん、美姫ちゃん、織田くんと、強豪選手のコーチを兼任していて、すごく忙しいそうですけど、各選手についてるときの表情が違う。

村主さんのときは淡々と話しかけながらサポート

美姫ちゃんのときは、心身ともに支えながらのサポート

織田君のときは、笑い盛り上げながらのサポート

というように見えます(あくまでも見た感じですけど)。

特に織田君のときの盛り上がりは、織田くん以上にはしゃいでいます

これから見る男子のフリーも楽しみ♪


それにしたって、男子と女子の放送時間、違いすぎますよね!!

男子が23時30分からって、しかも1時間しか枠とってないし。

女子も上位以外の選手は流してくれないし。

もうちょっと何とかして欲しいところですっ

恐るべし、こなぷん!

今日は、舞浜まで出張マッサージ。

私のおばと、いとこのSちゃんをマッサージしてきました。


Sちゃんは、私の3才下のいとこですが、5歳のKちゃん、2歳のHちゃんのお母さんです。

昨日から舞浜に帰ってきてました。

Sちゃんをマッサージしていると、2人の娘ちゃんたちが寄ってきておしゃべり。

物怖じせずに、寄ってきてくれて楽しい~

さて、タイトルにもした「こなぷん」ですが、昨日Kちゃんがサンタさんからもらったプレゼントです。

フライドポテトやハンバーガーなどなどが作れます(食べられませんけど)。

どうやって作るのかというと、

①粉に水を混ぜて、材料の元を作る
②切ったり、型を使って形を作る
③フライドポテトを作るときには材料を揚げる、ハンバーガーを作るときには肉を焼く
④入れ物に入れてできあがり♪です。

もちろん、実際に油を使うわけじゃないし、火も使わない。

じゃあどうするのか?といえば、油の粉というのがあって、この粉を水に溶かして、その中に切った材料を入れます。

そうすると、ジュワーという音とピチピチと気泡が上がって、まるで揚げ物をしているような状態になるんです!

しかも、時間が経つと材料が浮いてきて、出来上がり♪

本物顔負け!


これはお料理に興味のある女の子なら、たまらないと思います。

というか実は、大人のほうが夢中になっちゃうかも。

Sちゃん親子のできあがりがこちら↓

Photo


すごく良くできてませんか?

Sちゃんは、Kちゃんよりも自分がはまりそうで恐い!と言っていました。

作ってるのを見ても面白そうだったし、実際やったらはまりそう。


この「こなぷん」シリーズ、他にも7~8種類あるみたいです。

いろんな意味で、親泣かせな一品ですcoldsweats01


クリスマスイブ

xmasメリークリスマス

みなさん、楽しいクリスマスイブを送りましたか?happy01


私は、今朝までまったくやる気がありませんでした。

だって、クリスマスは、パートナーがいたら楽しいけど、今年は関係ないな~

仕事帰りにスポーツクラブ行って汗かいてこよーと思ってました。運動不足だし。


ところが、

仕事が終わって携帯を見るとメールが入っていました。

開けてみると母からで、

「鳥を焼いたから、今日は早く帰ってきたほうがいいよ~」と。


で、電話してみると

どうやら父もチョコレートケーキを買ってきてるので、早く帰って来い!とのこと。


なんだか2人ともクリスマスやる気満々…

近年、クリスマスなんて関係なしで、夕飯に煮魚が出てきたりしてたのに

どうしちゃったんだろう???


…でもここは、私もやる気を出さないとまずいかも


そこで、帰りに乾杯用のアップルタイザーを買って(アルコールが飲めない家族もいるので)帰りました。

で、乾杯して、鳥を食べて、食後にケーキを食べてとクリスマスディナーを満喫しました。

下の写真は、母の焼いた鳥です。

お腹に詰め物もしてあって、美味しかったです

Pap_0007

鈴木明子さん

昨日の夜、NHKのスポーツニュースでフィギアスケートの鈴木明子さんが取り上げられていました。

高校生の時に安藤美姫ちゃんたちと同じように将来を嘱望されて、18歳で1人で仙台に移り住んで頑張ったこと

そして、摂食障害を患うことになってしまったこと

スケートをやめたくなくて、地元に戻って食べられるものだけを頑張って食べて、トレーニングは続けたこと

復帰して、今年グランプリシリーズに帰ってきたことなどが紹介されていました。


インタビューがあったのですが、すごくホワーと、穏やかに話す方でした。

普通の23歳の女の子に見えました。

スケートでの演技同様、情熱的に話す方なのかと思っていたので、ちょっと驚きました。

でも、芯に強いものを持っている。それが演技になってほとばしるのだろうと思いました。

年末の全日本がますます楽しみです。

今日はこんな日

今日は、祖母の月命日。

ふだんは、両親だけでお墓参りに行くのですが、今日は私もついていきました。

自宅の近くにお墓があるのですが、近いと逆に行かないのですね。

お墓の掃除、お花の交換をしてから、父の読経に合わせて手を合わせてきました。

明治生まれで、戦争を潜り抜け、気丈にプライド高く生きてきたおばあちゃん。

厳しかったし、やさしかったし、さみしそうにしていたし、可愛がってくれました。

私は大事にしてあげられなかったことを、後悔することがあります。

亡くなってから10年近くになりますが、忘れられないです。

そして、午後からは友達に会いに&買い物をするために、ちかくのSCへ。

友達の休み時間に合わせて出かけていって、一緒にごはんしてきました。

彼女も転職したばかり、でも楽しそうにお仕事しています。

うん、職場があってると思うし、楽しそうなのが伝わってきていい感じhappy01

こちらも嬉しくなります

普段メールのやり取りが多いのですが、やっぱり直接話せたほうが楽しい。

なんだか、彼女の近くはホワーとして居心地良いのです。

お互いの近況、雑談など楽しくおしゃべりしてきました。


その後もぶらぶらしていたら夕方。

ここでもやっぱりライトアップしていたので、写真を撮ってきました。

Pap_0006

うーん、もっと暗くなってからのほうがきれいなんですけどね~

私の好きな5人組

今週に入って、SMAPの話題が立て続けに入ってきて、嬉しい限りheart04

16日から、赤坂サカスにスマップショップがオープンするらしいし(~21.1.12)、
17日には、ライブDVDの発売
テレビでは、さんま×スマップや、紅白もある!
さらにテレビガイド誌の表紙がスマップになると、年末だな~と思います。

今年のライブは、夏過ぎまで何の音沙汰もなく、今年もないのかぁと思っていたところでのビッグサプライズ!

2年ぶりのライブは、今までよりも大人っぽくなっていて、過去に見てきたライブの中でも1,2を争うお気に入りになりました。

というか、過去の映像はどんどん必要なくなっちゃう。

今を見ると、過去の映像が色あせて、現在が見られたらそれでいいなぁと思っちゃうのです。

過去のギラギラした感じも好きだけど、今のちょっと丸くなって余裕がある感じのほうが好きっていうか。

でも、ライブでは文句なくかっこいいし

オーロラビジョンに映し出されたアップに、何回やられたことか!

昨日の記者会見で、中居君が「来年は5人で映画をやりたい」と言ったらしいですね。

ぜひ実現させてほしいです。今なら絶対面白そう!!

ちなみに、前回全員でやった「シュート!」(あの時は、6人でしたね~)は、もろアイドル映画で、映画館で笑い転げてました。

だって、サッカーボールが光るんだもの…

でも、あのときの木村君演じる久保先輩にはやられてました

グランプリファイナル フリー

グランプリファイナル、真央ちゃん優勝おめでとう!

あれだけ滑って、1位になれなかったら、そりゃないんじゃないの?と思ってました。

毎回思いますが、仮面舞踏会をバックに滑る真央ちゃんは、踊らされているように見えます。

赤い靴の踊り子さんみたい。

勢いはNHK杯のほうがあったかも。

でも、トリプルアクセル2回は、解説の伊藤みどりさんじゃないですが「飛んで!」と祈ってしまいました。

2回とも成功して、ジンワリこちらも嬉しくなりました。

考えてみれば、今回の大会はみんなチャレンジしてますよね。

小塚君は4回転、美姫ちゃんも4回転!(回転不足だったけど、公式戦で飛んできたことに拍手!)

中野さんはトリプルアクセル、そして、真央ちゃんのトリプルアクセル2回

みんな苦手を克服するべく練習を重ねて、試合にぶつけてくるんですね。

あんな重い靴はいてるのに、それを感じさせない優雅な演技、ジャンプや技の数々。

普通だったら、あの靴を履いて足を上げるだけで筋トレと同じ効果があるくらいだと思います。

試合の裏でどれだけ練習してるんだろう、と尊敬してしまいます。

それが1回の演技ですべて評価されるんですもんね。シビアな世界ですね。


キム・ヨナちゃんの重圧も計り知れない。

あの大声援と、滑り終わった後のお花やぬいぐるみの雨はすごかった!はじめて見ました。

ニュースでやってましたが、キム・ヨナちゃんの名前は韓国でのインターネット検索用語第1位らしいです。

半端ない期待度!

あの観客の前で滑るキム・ヨナちゃんが、今回の一番のチャレンジャーだったかも。

もっとのびのびと、ベストな状態で滑って欲しかったなぁと思いました。

世界選手権に期待!

東京バレエ団「ザ・カブキ」

今日は、上野の文化会館で東京バレエ団の「ザ・カブキ」を観てきました。

この作品は、去年亡くなったモーリス・ベジャールという振付家が、このバレエ団のために振付けたものです。

赤穂浪士の話をベースに、あくまで歌舞伎の所作、決まりごとにこだわった作品で、バレエにもかかわらず黒子は出てくるし、女性は着物だし、拍子木にあわせて見栄を切る振り付けも出てきます。

今日は、ベジャールさんの追悼公演ということで上演されるこの演目に、特別団員の首藤康之さんが出演するので、見に行くのをとても楽しみにしていました。

首藤さんは、私が大好きなダンサーで、「この人の舞台を見られて本当に幸せ」と感じさせてくれる方です。

以前はナイーブさと、若さが前面に出た踊りでしたが(それがまた、たまらない色気なのです)、この頃は年齢を重ねた大人の男性っぽさに変わってきていて、これまた魅力的なのです。

そんな首藤さんは、今日は当たり役の塩治判官(=浅野内匠頭)役。

なにせ、その後の討ち入りの原因になる役なので、前半の中盤で出番が終わってしまいます!

久しぶりに見る首藤さん、見逃さないようにしなきゃ!と、オペラグラスで必死に追いかけました。

今日の首藤さんは、はじめて見た10年前くらいの髪型になっていて、昔に戻っているかのようでした(といっても、そんなに歳をとった人ではないんですけど)

でもやっぱり、若さ爆発!というよりも、しっとりと踊っていました。

素敵だったなぁ~(こればっかり)

話自体は、最後の討ち入り→四十七士の切腹シーンで終わります。

ここが本当のクライマックスで、男性群舞が20名近くで踊ります。

これが東京バレエ団ならではで、その迫力がたまりません!

ただ、見終わった後は、ちょっとドンヨリした気分になりますが…

14日はちょうど討ち入りの日ですよね。合掌。


そして、終了してから外に出てみると、お向かいの西洋美術館がライトアップ中。

きれいでした。

Pap_0004


今日からグランプリファイナル

グランプリファイナル、今日はショートプログラム

男子は小塚君がトップに立ちました。

なかなか男子の試合ってテレビで流してくれないですよね。

番組が組んであってもゴールデンタイムじゃなかったり。

なので、今までじっくり見たことなかったのですが、すごくきれいなスケーティング!

「take5」なんて、5拍子でなかなか拍子がとりにくいと思うのですが、リズムを乱すことなく、coolにすべっていて、納得の1位でした。

日本の男子は、高橋君と織田君に眼が行きがちですが、小塚君もしっかりチェックしなくては!(いまさらだけど…)

女子はさらに激戦。

キム・ヨナちゃんと真央ちゃんが同じリンクで競い合うというだけで、大注目!

結果は、僅差でキム・ヨナちゃんがトップ。

NHK杯に続き、ここでもまた、ジャンプの失敗がすべてではなくて、他の要素とあわせて総合的に判断されるのがわかります。

キム・ヨナちゃんがジャンプに失敗した瞬間、私なんか不謹慎ですけど、「真央ちゃんが勝った!」と思いましたもんね

しかし、あれだけの大声援で、ものすごくプレッシャーがかかる場面、にもかかわらず素敵な演技を見せてくれるキム・ヨナちゃん、素晴らしい選手ですね。

また、5位になっていますが、安藤美姫ちゃんの演技も素晴らしかった!

出始めの頃、天真爛漫なイメージだった美姫ちゃんが、プレッシャーやスランプでだんだんと愁いを帯びていって、見ていると大丈夫なのかな?と心配でした。

でも今、それが表現力につながっているように見えます。

技術としても表現力を磨いたのだと思いますが(上半身や腕、手の使い方が去年よりも格段に良くなりましたもんね)、それだけでなくて、sayuriの世界を心から描いているような…

明日、最後にはまた笑ってくれているといいな、と思いました。

明日のフリーも目が離せません!


今日から訪問マッサージ

今日から訪問マッサージデビューしました。

先週までは、先輩たちについて見学していたのですが、今日からは、実際に患者さんに施術する側です。

おうちでマッサージを受ける方は、たいてい、寝たきりだったり、外に行くことが困難な方(外出できていたとしても、移動に苦労する方)が多いです。

その分、動かずに座りっぱなしなことも多く、足がむくんでいたり、筋力が落ちている人も多い。

私が今まで担当してきた、歩いて治療院や病院に来られる方よりも、体力、筋力共に落ちていて、関節が固まっている方も多い。

そのため、その方にあった強度のマッサージ、関節の動きを一つ一つ確認しながら行うことになります。

マッサージで血行を良くして、筋肉がほぐれたところで関節を無理なく動かしてあげることで、さらに筋肉を動かすことができて、さらに血行が良くなる。

そうすることで、栄養が行き届いて、体の状態が少しでもよくなる。

患者さんが少しでも前の状態よりも楽になるように、お手伝いしていこうと思います。

友達の娘ちゃん

今日は、友達のお家に遊びに行きました。

友達夫妻、そのご両親、そして、1歳になる娘ちゃんがいました。


その娘ちゃんが、会うごとに変わっているのが楽しみで
今日は、おしゃべりしていました(まだまだ片言ですけど)

「見て見て」が口癖らしく、言われるたびに反応しては、「…どこを?」なことも多いのですが、
言われると、ついつい全部に反応しちゃうんですね~

ちょっと前までは、顔を見ただけで泣かれ、触ろうものなら全身で拒否されて、切ない思いをしましたけど
だんだんと笑顔が多くなって、ちょこまか動くのも可愛くて、
今度会ったときには、どんなに変わっているんだろう??

子供は面白いですねlovely

迷路

私の新たな勤め先は、東京の下町。

車じゃ入り込めないようなところがいっぱいです。

なので、自転車でひたすら回りまくるのですが…

一歩細い路地に入ると、思わぬところにつながってて、方向感覚を狂わされ、
土地勘がない人間からすると、わけがわかりません!(@ ̄Д ̄@;)

これがバイクとかだと、東京の道にはありがちな一方通行の嵐!!

さらに訳わかりません(+_+)

一生懸命ぶらぶらして、体に叩き込んでいますが、

とっとと地図の達人にならなくちゃ~

初出勤

今日から新しい職場に入りました。

病院や治療院などに行かれない方を対象にしたマッサージです。

今週は研修期間なので、先輩たちについてどんな風に仕事を進めていくのか見学させてもらうことになっています。

どのお仕事もそうでしょうが、ビジネスモードで気をつけていたとしても、ふとしたときに普段の自分のくせなどが出ますよね。

ついつい荒っぽくなったり、自分本位で動いてしまったり。

今までそういったことをついついしてしまいがちだったのですが、これからは相手のお家に入っての仕事になるので、これまで以上に気を配らなくては!と先輩たちの仕事を見させてもらって気持ちを新たにした一日でした。

とりあえず、自転車をこいでパンパンになった自分の足をどうにかしようと思います。

いやも~、今までの運動不足がたたっています!!

車の運転

10月から車を運転し始めています。

その前は、16年間ペーパードライバーでした。

もうひたすら、車を運転することが怖かったのですが、だんだんと必要な場面が多くなり、
これはもう、運転するしかない!と一大決心したわけです。

教習所に行っては教官に、「16年ぶり?しかもその前運転してないの?最悪だね~」と言われながら、
S字とかクランクとかを練習しました。

16年前に教習所に行ったときには、ひたすら苦手でやりたくない!と思ってましたけど、
(教官も怖かったし)
改めてやってみると、S字やクランクの練習でカーブや車幅感覚を鍛えられてるのがわかって新鮮でした。

今はだんだんと慣れてきて、カーブで大きく膨らむこともなくなり、結構うまくなったかもなぁと思っているところです。

でも、一番の難問は、駐車

ハンドルをどこまで回しているかわからなくなって、思わぬ方向に車が動いてパニックになります。

幸い、他の車にぶつけたことはありませんが1発で車庫入れするのが目標です!!

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »