最近のトラックバック

« 忘年会 | トップページ | 日刊スポーツ映画大賞 »

今日はボツ日

今日は1日二日酔いでしたdespair

昨日、嬉しくなって飲みすぎたらしいです

飲んでる最中は、なんともないんだけどなぁ

ほとんど布団から離れられず、ああもったいない!!

さて、一日遅れですが、全日本フィギアのフリーを見ました。

やっぱり、最終組に入る6人はすごい!

それまでの組とは断然違いますね。どの人も粒よりで、見る前からワクワクしました。

その中でも、印象に残ってるのは、鈴木明子さん、村主章枝さん、浅田真央ちゃんの3人。

鈴木明子さんの演技は、やっぱり素晴らしかった~

DVD何回もリピートしました。

ショートプログラムよりも、はっきりした女性を演じるプログラムのほうが似合ってる!

スケートを見ていると、演技前にアナウンサーがこういう人を演じると説明していても、技が決まるかどうかが気になって、キャラクターとか曲にあってるかが二の次になっちゃう人もいます。

もう技がすべて!という感じ。競技会だから仕方ないんだけど。

鈴木明子さんのプログラムは、技が演じている世界を壊さない。ジャンプもスピンも、この演技をやる上では必然、と感じさせてくれます。

だからこそ、余韻に浸れるし、終わったとたんにスタンディングオベーションで迎えられたんだろうなと思います。

なのになのに、4位なのがくやしい!!


村主さんは、体が本当にしっかりしましたよね。

昨年までのひょろ~としてるイメージがなくなって、闘える体に仕上げてきた感じ。

ジャンプとか、スパイラルとか、技の切れが違ってて安定感が抜群、勝ちに来てる感じがひしひしとしました。

その分、持ち味のドラマチックさが薄れてしまった気がしますが、でも、体の伸びやかさが今までと違っていて、ストレートラインステップでは力強さがましていました。

今まで、なんとなく表現力が先走りしていて、体がついていってないように見えました。

でも、表現したい世界をこの体なら表現し切れるのでは!

27歳からさらに一皮向けるなんて、すごい人だわ!!


そして、真央ちゃんは、6人の中でも別格。

一人だけ違うところで演技しているように見えました。

観客の集中力も違うし、期待しているものが違う。

前人未到のものを見せてもらってる感じです。

あのプログラムを、減点なしで滑りきるときは来るのでしょうか?

というか、別にビデオで見返してまで、正確さを要求しなくたっていいんじゃないの??と思っちゃうのは私だけですかね。

ちょっと着地のときにそちらの方向を向いてない、それが何?って。

こんなときに、そういえば競技会だものね、技が決まってナンボよね~と思います。


そして、今日のエキシビション

どの選手も、こちらの演技のほうが伸び伸びやっていて見ていて楽しかったです。

今まではオマケのようで、特にエキシビションに期待してなかったのですが、純粋に見てて面白いのはこちらかも。

小塚君も新たな一面を見たし(でも、小塚くんのフリーは、ジャンプに失敗したとはいえ迫力があってすごく良かったです)。

スケートを見る楽しみが増えました。

でもやっぱり、生で見るのにはかなわないんだろうなぁ。

来年は、一度くらいは生で見てみたいものです!

« 忘年会 | トップページ | 日刊スポーツ映画大賞 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 忘年会 | トップページ | 日刊スポーツ映画大賞 »