最近のトラックバック

« 伊達公子さん | トップページ | 自分に集中! »

肩甲骨を動かす

この頃、マッサージをしている方に、肩甲骨と肩甲骨の間が特にこっちゃうという方が多くなりました。

肩甲骨の内側がゴリゴリしていて、そこを押すと「そこそこ~!」と大好評good

この部分がこり過ぎると、頚が動かしづらくなったり、腕や肩の疲れがいつまでも抜けなかったり、緊張しやすくなったり、気分が落ち込んでしまったり…

みなさん覚えはありませんか?

かくいう私も、疲れているときや肩こりがひどいなと思うと、この部分が特に痛くなります。


この部分は、腰から頚までをつなぐ縦に伸びる筋肉や、肩甲骨を内側に引き寄せる筋肉に特に関係します。

肩甲骨は、肩や腕の動きに関係しますから、手先の作業が多い方、パソコン作業の多い方、腕を使っての作業が多い方は特に疲れやすい部分です。


ではどうするかというと、マッサージもいいのですが、動かすのが一番手っ取り早いコリ解消になります。

まずは、肩甲骨の間をあっためて血行を良くしてから

手のひらを上に返して肘を曲げ、そのまま肘を後ろに引きます。

このとき、肩甲骨の間を寄せるように意識するのがポイント。

1,2,3と数えたら、脱力してください。


結構気持ちよくないですか?これを何回か続けてみてください。

他にも、肘を後ろに引きつつ、肩を上げてみたり、後ろで手を組んでおいて胸を突き出すようにしてみたり、とにかく肩甲骨を動かすのを意識しながら動かしてみてください。

いろいろ動かしてる間に、肩こりや首凝りもなんとなく楽になってると思いますよ~

« 伊達公子さん | トップページ | 自分に集中! »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊達公子さん | トップページ | 自分に集中! »