最近のトラックバック

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

スケート 世界選手権女子

すでに何時間か前に決まっていましたが、先ほどテレビ放送を見終わりました。
1位がキム・ヨナちゃん、2位ジョアニー・ロシェット(なんとなくチャン付けできない)、3位安藤美姫ちゃん、浅田真央ちゃんは4位でした。

結果だけを先に見て、真央ちゃんは大失敗したんだろうか??と思って見たのですが、確かにトリプルアクセルで転倒して大失点ですが、全体的にはとてもよい滑りに見えました。
昨日のショートプログラムも、ジャンプの失敗が響いていますが、感情がこもったいい演技だったと思います。
今季は、両方とも大冒険なプログラムで、ショートの曲は静かで繊細な楽曲でその世界を壊さずに滑るのは大変だったと思うし、フリーは要素てんこ盛りのノンストップ曲。
実際、真央ちゃんの後のジョアニー・ロシェットの演技がスローに見えました。
そして、盛り上がる曲とはいえ日本人にはなじみの薄い3拍子で、大変さ倍増だったのではないかと思います。
改めてみると、今年の真央ちゃんは、勝ちにいったというよりは、来年を見据えて目いっぱいプレッシャーをかけて冒険する方が先だったのではないでしょうか。
来年度にどのような作戦でくるのか、今から楽しみです

キム・ヨナちゃんは、もう文句なしの優勝ですねcrown
ショート、フリーともに自己ベスト、そして合計で女子初の200点越えsign03
曲も振り付けも、ヨナちゃんの良さを存分に引き出しているプログラムに見えました。
元々年齢よりも妖艶な感じの勝っているヨナちゃんですが、表情のつけ方、手や首のアクセント、そしてジャンプやステップの安定感などなど、無敵でしたね~
表彰台での涙ぐむ姿に、こちらも思わずもらい泣きでした
今まで優勝してなかったのが不思議です。優勝できてよかった

美姫ちゃんは、今年のフリーは本当に素晴らしかった
曲がなによりあっていたし(ジゼルよりもはっきりしていて、ずっと似合っていました)、表情もまた素敵でした。
今日のストレートラインステップは、見入ってしまいました。
スタンディングオベーションは当然だと思います。
いつも何かしらアクシデントに見舞われて、不運なシーズンを過ごすことが多い美姫ちゃんですが、フリーはヨナちゃんに次ぐ2位で堂々の3位表彰台。本当におめでとうsign03

ジョアニー・ロシェットは、表現力がつきましたよね~
力任せに演技をする人というイメージが強かったのですが、昨日のショートプログラムは魅せられました。
こんなに曲とシンクロする演技をする人だったっけ?という感じです(何様?な感想ですみません)
ただ、今日のフリーは、真央ちゃんの印象が強すぎてあんまり印象に残ってなくてcoldsweats01
でも、日本勢には手ごわいライバルですね。
こちらも表彰台は初なんだとか!
2位表彰台おめでとうございますでした。

これで、今季のスケートは終了ですね(4月に国別対抗戦がありますが)。
細かいルールはさっぱりわかりませんが、こんなに燃える芸術系スポーツはありません。
ジャンプだけでなくて、ステップで魅せられ、演技で魅せられと、どんどん見ごたえのあるスポーツになっていると思います。
来期のオリンピックイヤーが楽しみです!

スケート 世界選手権男子

WBCで盛り上がっていたのがついこの間なのに、浸る間もなく次々にイベントが…
楽しいけれど、チェックするのが大変ですね。
でもWBC、最後に1つだけ

選手も素敵だったけど、原監督のジェントルマンな発言の数々と、山田ピッチングコーチのマウンド上での微笑みが大好きでしたっheart04

さて、昨日、世界選手権の男子のフリーが終了しました。
録画しておいて見たのですが、エヴァン・ライサチェクの優勝
優雅さと安定感の勝利という感じ。4回転がなくても優勝できるんですね。
今回、地元開催ということで、かなり期待されていたとのことで、本人も観客も息をつめた演技だったそうです。
でも、抜群の安定感だったと思います。

優勝の最有力候補だったブライアン・ジュベールは、ジャンプでの2回の転倒が響いたんですかね。
もったいなかった
荒川さんの解説を聞いていると、あとちょっと!とか、もう安心、と思うと、ミスが出るんですかね。
世界選手権の重圧は、それほど大きいということなんでしょう。

それにしてもなによりも、織田くん、どうして同じことを繰り返すかなぁannoy
織田くんの演技を見ていると、喜怒哀楽がストレートに現れていて、それが魅力ではあるけれど、舞い上がりすぎ、落ち着いてくれ~です。
とりあえず、小塚くんの頑張りもあって、オリンピック3枠は確保。
高橋くんの復帰が待たれますね

そして、女子がスタートします。
すでにショートプログラムは終了したようですが、まだ結果は知りませんので放送を楽しみにしたいと思います。

明日は決勝!

WBC、とうとうニッポンが決勝まで来てしまいました!

アメリカに大差で勝っちゃうなんて、ありえないと思ってました。

仕事中だったので、例によって全部を見ることはできませんでしたが、点数を取られたとしても投手は好調だったし、打順は見事につながっていたし、どんどんリズムがよくなっていきますよね

そして、明日はまたまためぐってきた韓国戦です。

韓国も投打共に好調ですよね。

3回までの攻防が山場になる気がします(シロウト考えですけど)

明日は私、仕事が休みなので、9:55からテレビの前に釘付けになる予定です。

火曜日休みでよかったーhappy01

存分に楽しみたいと思います!

原さんの胴上げ姿が見たいですup

リラクゼーションマッサージと、治療としてのマッサージ

「癒し力」(鳥島圭介さん著)という本の中で、次のような文がありました。


「リラクゼーションと治療は違う。
治療は、西洋医学の医師や、マッサージ師、鍼灸師などが人体のトラブルが発生した箇所(患部)に働きかけて疾病や疾患を治すことを目的としている。
リラクセーションサービスは、各施術を行うことで血液、リンパの流れを活性化し、健康の維持や増進、心身をリラックスさせることを目的としている。」

「手技を用いて、お客様の体にボディケア、リフレクソロジーなどを行うことで、人の体が持つ自然治癒力を最大限に引き出し、お客様の心と体にリラクセーション効果を与えること。」

私は、正直なことを言うと、リラクゼーションと治療の明確な違いがわかりません。

治療といっていても、リラクゼーションといっていても、マッサージをすることで筋肉、血液、リンパの流れを活性化させて、体に働きかけることで治るお手伝いをしていることには変わりがない。という認識だからです。

マッサージ後に体が良くなっていくとしたら、私が治しているのではなく、働きかけられた体が治している、と思っています。

これは、ハリ、灸でも同じで、体がベストな状態から行き過ぎたり、足りなくなっているところを、ハリ灸で補ったり減らしたりして(これを補寫といいます)、その結果、働きかけられた体が自分で治していると思っています。

強いて言えば、治療とリラクゼーションの違いは、治療は気持ちよさやリラックスを目的としているものではなく、時として痛みに耐えていただきながら受けていただく場面もあるということ、そして、受けている人にも協力してもらわないと成り立たない。ということでしょうか。

ただこれだけが答えではない、とも思いますが。

まだまだ自分の中で整理されていない、これからも追求していくテーマです。

ニッポン、準決勝進出!

よかった~lovely

キューバに勝って準決勝進出も良かったし、韓国に勝てたのもよかった

昨日、今日も野球がすごく気になりました。

今日もまた訪問マッサージだったのですが、今日の訪問先ではテレビがついていなくて途中経過がさっぱりわからず(マッサージ中はテレビ見ないですけどね!)

お昼休みに事務所に帰ってテレビを見たら、2-1でリードしてて俄然盛り上がりました。

結局、終わってみたら6-2

対韓国戦の勝敗をイーブンにして準決勝に進めて良かったと思いました。

やっぱり、グラウンドに旗を立てられたままで終わるのは、悔しいですもんねsmile

そんなWBC、実は利用者さんにも影響を与えていました。

いつも寝たきりでほぼ上向きでしか寝ていない方が、WBCを見ている間はずっと横向きで寝ていたそうです。

ここ3日間試合がありましたから、3日連続で3時間以上は横向きになっていたんですね。

そうしたら、膝に痛みはでたけれど、いつもよりも調子がいいんですね。

施術をしているこちらからしても、いつもよりも体を動かしやすい。

そして、お話をしていると、いつもは悲観的になってしまうのですが、今日は野球の話で盛り上がって、楽しそうにしてらっしゃる。

興味のあること、楽しみにしているものが人に与えるパワーを感じました。


決勝まで進めばあと2試合、GO、GOニッポンrock

がんばれ、ニッポン!

今日はWBCの日本vs韓国戦baseball

きっと、仕事をしながらソワソワしていた方は多いのではないでしょうか。

かくいう私もその一人。

お昼休みはテレビの前に釘付け、訪問マッサージ中も移動中も気になっていました。

が、そこはご家庭に訪問するので、そこのおうちの方も気になっているとみえて、ほぼつけているテレビはWBC。

おかげで、ほぼ試合経過を見たり聞いたりすることができました(もちろん、仕事中にテレビを見ることはしません!でも、音は自然と聞こえてくるんですよね~)


今回はなんといっても、1回裏の3失点が痛かったですよね…

日本側のエンジンが暖まっていない間に、一挙に勝負に出られちゃって、守備があたふたしてるようにみえました。

2回以降のダルビッシュ投手の投球が素晴らしかっただけに、あの1回だけはどうしてなの!という感じ。

その後も、徐々に日本にいいペースがきてる感じがしたんですけど、責め切れませんでしたね。

く~~~!


ここぞというところで怒涛の攻撃をしてくるのは、さすが韓国!勢いに乗ると力強くて簡単には勝てませんね。

だけど、やっぱり日本に勝って欲しかった!!!


明日のキューバ戦はぜひとも勝ちあがって欲しいですpunch

花粉症はじめ

昨日、今日と、風が強くて気温が急上昇up

そうしたら、途端に花粉症が始まりましたbearing


私が花粉症になったとき、初年度から数年は、目も鼻もぼろぼろでした。

しかし、都心にめったに出なくなって空気が良くなったのか、または自分でお灸をするようになったおかげか、ここ数年はちょっとやそっとでは症状が出なくなっています。

出ても、マスクをしていれば症状はほとんど出ません。

がしかし、こんなに急に条件がそろってしまうと、体も対応できず、くしゃみ連発!

マスクが手放せませんdown


でも、こんなときこそ、薬に頼る前にいろいろと試してみなければ!と思っています。

私がいつも、からだのことで参考にさせていただいているのが、寺門琢己さんのブログ です。

整体師で鍼灸師、いろいろな著書で有名な方ですが、ブログでは、四季折々の体との付き合い方が掲載されています。

花粉症の場合、腰湯で体を温め、水分補給で体を潤すと良いようです。

東洋医学では、体の部位で考えると鼻は腎と、目は肝と関係があります。

*訂正です(2/18)
上記で、鼻と冬が関係ある、と書いてしまいましたが、鼻にもっとも関係があるのは秋とされています。
ちなみに、冬ともっとも関係があるのは耳です。
3日間、間違えたまま放置していました。おはずかしいっ!


また、季節でいうと、冬は腎と、春は肝と関係があります。

今の時期の花粉症は、この2つの季節にまたがる、ちょうど入れ替え時期に起こるものなんですね。

そのあたりも記載されていますので、興味のある方はぜひ覗いてみてください。


そんな花粉症真っ只中なのに、今日はつい飲んじゃいましたwine

友達のお母さんから、山葡萄のワインをいただいていたのです。ちょっとすっぱいような、でもデザートワインのような甘さで、今まで飲んだことのないワインでした。

花粉症の時期に飲みすぎると、翌日に悪化してます。気をつけないと…


Aちゃん、お母さんのワインおいしかったよ。よろしくお伝えください!(私信)


訪問マッサージ先の出来事

訪問マッサージに伺う利用者さんで、認知症の方がいます。

ほぼ寝たきりで、怒り出したり、暴力行為などは一切ありませんが、昨日のことや数時間前に食事をしたことなどは忘れてしまいます。

毎週3日お伺いして施術をしていますが、毎回私のことはすっぱり忘れられていました。

「マッサージさせていただきますね」

「ああそうですか。お姉さん、どこから来てるの?どこの出身?」

「千葉ですよ~」

というやりとりが、毎回繰り返されます。

最初の頃は、お互いに緊張していて、会話も冗談もあまり出ませんでした。

会話をしようという感じもなく、施術が痛いときにはうなり声と、ギロッと見られる感じが返ってくるだけ。

こちらからの問いかけにも、あまり答えが返ってきませんでした。

それが、ここ1ヶ月でだんだんと表情が柔和になり、冗談が出るようになってきていました。

もしかして、だんだん覚えられてる??

ご挨拶の時には、はじめて会うようなお顔をされるけど、すぐに笑顔で冗談が出てくるようになってる。

そして、施術用に場所を空けてくれようと気を使っていただけるようになってきました。


そして今日

「マッサージさせていただきますね」

「お姉さん、どこから来てるって言ってたっけ?東京?」

「(おや、いつもと言葉が違う)千葉ですよ」

「ああ、そう言ってたよね」

「!!! そうですそうです!」

覚えられてる!!

なんだかちょっとその方に入れてもらえたような、嬉しい瞬間でした。

女性にお役立ちの一本

友人のアロマセラピーショップで、一番売れている精油。

それは、ゼラニウムだそうです。

ゼラニウム単体としても、また、リラックス目的にブレンドされたものでも、ゼラニウム入りのものが好まれるのだとか。

JAS(日本アロマコーディネータースクール)の教則本によると、ゼラニウムは女性ホルモンのバランスをとる作用があり、月経痛や月経不順など女性特有の問題を解消するのにも使われたり、むくみの解消や、気持ちを高揚させる作用もあるようです。

私も好きな香りですが、月経前のほうがより良い香りに感じます。月経後には興味半減。

まさに女性ホルモンと関連するのでしょうね。

*女性ホルモンに働きかける精油のため、妊娠中の使用は控えたほうが良いようです

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »