最近のトラックバック

« 春爛漫 | トップページ | 誕生日おめでとう! »

下腹に力!

ヨガが終わってから、先生とお話しました。

「座ってやるヨガだと、体がノビノビ動かせて気持ちいいんです。でも、立ってやるヨガだと、終わると筋肉痛になっちゃって…」

「それは、筋肉でポーズをキープしようとしてるからですね。ヨガは下腹に力を集めて立つから、うまく立てるようになると、筋肉痛にならずにすむんですよ」

なるほど~flair

何回も指導されてるはずですけど、まだまだポーズをとるのに精一杯で、重心がうまくとれず、筋肉でポーズを作ってるってことですね。

ここでいう下腹とは、おへそから指3本くらい下の辺り。武道などで「臍下丹田」といっているあたりだと思います。

ここに力が入っていると、ここを中心にして体を自由に動かすことができます。

最小限の動きで、素早く行動できるポジションです。

また、ちょっと押されたくらいでは体が動かない、とても安定したポジションでもあります。


どこらへんに力が入ってること?と思われた方は、次のようにやってみてください。

①足を肩幅に開いて、つま先を外に向けず、中指が前を向く方向にします。

②体を前後に揺らしてみてください。
 踵と土踏まずの間あたりに重心がくると、お腹にグッと力が入ると思います。
 若干、太ももの内側にも力が入ります。

 この位置が、ちょうど重心が取れているポジションです。

これを日常生活でも意識していると、変なところはこらずに、でもお腹と太ももの引き締め効果がありますよ

…なんて、報告してる場合じゃない!

私も気をつけなくちゃ~confidentsweat01

« 春爛漫 | トップページ | 誕生日おめでとう! »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 春爛漫 | トップページ | 誕生日おめでとう! »