最近のトラックバック

« イチローの名言 | トップページ | メインの話題 »

流山のみりん

流山音頭にも謡われているように、流山はみりんの街。

とはいえ、あまり実感したことがありませんsweat01

キッコーマンの建物とかもなくなっているし。


と思っていたら、こんなみりんが。

流山本みりん

先日、母が知り合いの方からいただきました。

みりんは調味料。と思っていたのですが、これは「飲むみりん」。

くださった方は、寝酒かわりに飲んでいるということでした。

早速、一杯bottle

味はちょっと甘め。お正月に食べる伊達巻みたいな感じ。

するっと飲んだ後に、お腹の辺りがポワーっと温かくなってきて、確かに寝る前にちょうどいい感じです。

アルコール度数13.5度と結構高めですが、お酒が苦手な方も飲めるかも。

お料理に使うのはもったいないですね。

« イチローの名言 | トップページ | メインの話題 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

流山話」カテゴリの記事

コメント

始めまして!いつも楽しく拝読させていただいております。
かごや商店で買える「流山本みりん」は我が家のおつかいものの定番です。以前は非常に手に入りづらかったのですが、昨年あたりから安定供給が可能になったそうです(^^)


数年前まで江戸川脇にみりん工場の大きな煙突が2本たってまして、それが「みりん流山」のシンボルだったと記憶してます。やがて工場が移転し、煙突は無くなってしまいました。

みりんは江戸時代は下戸な女性向けの高級ドリンクだったそうですから、寝酒は正しい飲用法です(^^)

PRINCOちゃん、いらっしゃいませnote
実は私、ほぼ毎日PRINCOさんのブログを読みに伺っています。
なので、コメントをいただいてドキドキしましたhappy01

>みりんは江戸時代は下戸な女性向けの高級ドリンク

はじめて知りました。いまやみりんはお屠蘇で飲むくらいですが、あのトロッとした感じが、江戸時代の女性にも飲みよかったんですかね。

「流山みりん」もとろみがあって、甘すぎず、ちょっと飲むのにちょうどいい感じです。
あの味を作り出すのに、安定供給は難しかったのでしょうか。
手間隙かけた味ですものね。

コメントありがとうございました!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541114/46424387

この記事へのトラックバック一覧です: 流山のみりん:

« イチローの名言 | トップページ | メインの話題 »