最近のトラックバック

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

パパ・タラフマラ公開リハーサル

スケートのない週末は久しぶりでしたね。

(ただ、ショックなニュースがsign01

ブライアン・ジュベールが怪我して手術したらしいですsad

グランプリファイナル出場を見送り、オリンピックに標準をあわせることにしたそうですが…。早く復帰できることを祈るばかりです)。

さて、今日の流山は、いろいろとイベントが多かったみたいです(流山市HP・イベントあれこれ

私は、流山文化会館で行われたパパ・タラフマラの新作「パンク・ドンキホーテ」公開リハーサルを見にいきました。

そもそも、公開リハーサルって何するの?と思っていたのですが、今回は本公演の内容から最初の3分、最後の20分を抜かし、衣装を着けてほぼ公演どうりのパフォーマンスを公開するという形でした。

なので、まるっきり未完成のものを見るわけではなくて、完成間近な内容を見せてもらえました。

そして、見ての感想は、

…うーん、なんだか怖いもの見ちゃったなぁという感じ。

見た人によって感じ方が違うと思うのですが、上演から受けた印象が怖くて、私はもう一度見たいとは思えなかったです(別にホラーじゃないんですけど)。

公演後のパパ・タラフマラ主催の小池さんと、おおたかの森高校の演劇部顧問の先生によるトークが興味深くて。

そこでの話によると、今回の公演で伝えたいメッセージはネガティブなものではないとのこと。ただ、観客が自由に感じ取るものだから、伝えたいメッセージを作り手が明かすのは本意ではないそうです(作者と演者は、徹底的にディスカッションでメッセージの方向を明確にして、作品を作り上げるそうです)。

また、頭で理解しようとするのではなく、体で感じて欲しい。「なんだこれは?」とわからなくてもOKで、何かを感じることが大事。むしろ、わかりやすいものを提供することは好きではない。とも仰っていました。

たしかに、ストーリーがあるようなないような、どう見ればいいのか、何を伝えたいと思っているのか探りながら見ている感じ。そのうち自分の頭の中でストーリーを辻褄あわせをしだしたり。

わかりやすい物語を見ているようには、素直にストン、と入ってこなかったです。

コンテンポラリーは見慣れていないし、好みもあるだろうし。

ラスト20分もすべて上演されていたら、また感想が違ってたかもしれません。

ちなみに、パパ・タラフマラの来年11月の新作「白雪姫」が、流山文化会館で上演されるそうです。コンテンポラリーなものを見る機会はそうないですから、今後定期的に公演されるようになったら面白いと思います。

そうそう、久々に行きましたが、文化会館は座席がきれいになっていて驚きました(すわり心地がよくなってました。そういえばトイレもきれいでしたよ)。

落語やコンサートなど、今後もいろいろ催しがあるようなので、チェックしたいと思いますhappy01

大根のべったら漬け風

今の時期、大根がたくさん出回ってますね。

先日、マッサージの利用者さんに教えていただいた「大根のべったら漬け風漬物」、作ってみたらおいしいんですlovely

〇作り方(大根5㎏(4本)用)

・砂糖 500g 

・塩 120g 

・お酒、お酢 それぞれ1カップづつ

皮付きの大根をこれらの材料に漬けて1週間で、できあがりですheart04

大根1本で作るときは、この分量を1/4づつにすればOK。

もっと早く食べたい場合は、いちょう切りにしてから漬けると、1,2日で食べられます。

Pap_0091

なんだか写りがいまいちですが、我が家で作った第2号。

柚子の皮とコンブを入れてみました。これまたいい感じですnote

休日の次の日だから?

毎週火曜日は、個人的に休みの日にしています。
平日休みだと、ショッピングセンターや映画など、人が少ないし割引があったりで結構お得なことがありますhappy01

さて、今日は喫茶店でも行って本読んでこよう~と思いつきました。
お目当ての喫茶店が豊四季方面だったので行ってみたら、本日お休み。
あれ?と思ったら、祝日の振り替え休日だったらしい。

じゃあ次々~と自転車を飛ばして15分、流山方面のお店に行ったら、そこは火曜日が定休日sign02

図書館にでも行ってみる?といってみたら、休日の振り替えで休館sign01

次に思いついたのが、南流山の喫茶店。流山街道をぶっ飛ばして行ってみたら、お休みsign03

結局、1時間近く自転車に乗り、着いたところは南流山のサイゼリヤでした…

サイゼリヤものんびりできるし、ドリンクバー安いし、好きですけどね。
結構、火曜日はお休みなところが多い??

グランプリシリーズ・カナダ大会

とうとう最終戦のカナダ大会。
日本からは高橋大輔さんと鈴木明子さんが出場。
二人とも、見ていると気持ちが伝わって、感動させられる大好きなスケーターです。

高橋大輔さんは、前回のNHK杯よりも調子が上がってきた感じですね。
FSの「道」は演技も細やか。表情も手先の綺麗さも抜群でした。
ジャンプはまだ安定してないようですが、魅せてくれましたhappy01
テレビだと、毎回リハビリの模様から放送してくれるんですが、あの膝裏を押して揉み解いているところは本当に痛いと思いますdespair
神経をグリグリ揉んでいるのと同じですもんね。
一日8時間リハビリ、しかもライバルたちが活躍している時期に黙々と続けるのは、本当につらかったでしょうね。
それを踏まえながら見るので、なんだか怪我前よりもさっぱりして見える表情や、しなやかさの増したスケーティング、そして「道」の音楽にやられちゃいますweep

鈴木明子さんは、今回SPもFSも硬かったです。
持ち味の伸びやかさや感情表現が今ひとつ。
やはり、中国大会で優勝した後のプレッシャーだったのでしょうか。
注目度とか、今までよりも格段にあがったってことなんでしょうね。
でも、世界の人に鈴木さんの良さが伝わりきってないのでは?と思うと、こちらが悔しいです。
「もっともっとできる子なのよーsign03」と、勝手に宣伝したい気持ちです(だって、本当に感動するんですもんsign03

とはいえ、高橋さん、鈴木さんともにグランプリファイナルに出場が決まって良かったheart04
今度はSP、FS、EXすべて見ることができるし、地元の日本だし。
伸びやかにスケートができるといいですね。

ジョアニー・ロシェットも出場が決まってよかったnote
地元カナダの重圧を感じながら頑張ってるんじゃないかと思うと、フリー次第で鈴木さんのファイナル出場が決まるというのとあわせて、「頑張れーrock」と応援してました。
オリンピック開催に向けて、ホームだけど重圧かかりますよね。きっと。
去年までの子憎たらしいくらい(!)安定感のあるロシェットが次回は見られますかね?

マイケル・ジャクソン THIS IS IT

本当は行われるはずだったコンサートのリハーサル映像。
マイケル個人の楽しみに撮っていたそうです。
見ているこちらは、楽しみつつ、涙ぐみつつ見てました。

以下、まとまってませんがネタバレ感想です。

超一流のスタッフが結集して、コンサートを作り上げていくのですが、理想はすべてマイケルの頭の中、それを実現するために集結しています。
ミュージシャンや演出はオリジナルを忠実に再現できないといけないし、ダンスは一音もはずさない緻密さ。
きっかけ、余韻、すべてを計算しつくしてコンサートが作られていきます。

マイケルは、音楽、ダンス、舞台演出すべてにこだわりがあり、どのパートにも注文をつけていきます。
でも、決して偉ぶらず、声を荒げることもなく、ものすごく謙虚。
「こう僕が言うのは、もっといいものができると思うからだよ。愛からだよ。」と必ず付け加える。
もっとストレートに要求をぶつけてもいいところでも、遠まわしな言い方になるため、舞台監督が間に立ってどうしたいのか聞き出す場面もありました。
これって、何かとトラブルに巻き込まれてきたマイケルの知恵なのかしら?と思い、でも、偉ぶらず、相手を認めてくれるこんな上司の下で働いたら働きやすいかもと思い、でもきちんと翻訳してくれる人がいなかったら、誤解されるかもと思いました。

それにしても、今年で50歳になる男性とは思えない!
ダンスの切れも、歌声も変わらない。
本当に、この数日後に死んじゃったのが信じられないくらいです。
20代、30代のダンサーと比べても切れがよく、低音から高音まで歌声が響く。
どれだけのトレーニングを積んできたのか。
マイケルを聞いて、見て育った一流のスタッフが、一緒に仕事ができると感激しちゃう人。
エンターテイナーとして、本当に才能があって一流の人なんだと改めて思いました。

そんな人が目指した舞台は、「観客が見たがっている、観客を未知な世界に連れて行くような舞台」
すべて観客のためにコンサートを作っていました。
本当は、体力を考えたらもっと楽をしたかったのかもしれません。
でも、全盛期のマイケル・ジャクソンを見たがっている観客のために、あくまでも貫き通そうとしている姿勢に、プロのあるべき姿が見えました。

本人が亡くなっているので余計におセンチに感じるのかもしれませんが。
ここ10年位ゴシップまみれで、こちらもそれに影響を受けて、「マイケル・ジャクソンなんて…」と思っていましたが、
なんだかもったいない気持ちになりました。
相変わらず、マイケルは格好いい人で、ダンスにも歌にも興奮させられるし、こんなコンサートが見られるなら料金が高くても絶対みたい!と思えるような物を作れる人でした。
私生活とか、ゴシップとか、別に知りたいと思わない。
才能がある人のすごい贈り物は、素直に受け取ってればいいんじゃないか。と思えました。

本当に、このコンサートが実際行われなかったのは残念。
関わったスタッフたちの喪失感は計り知れないし、見た人は、一生忘れられない時間を過ごしたんじゃないかと思います。

今度のスマスマで特集をやってくれるそうなので、また楽しみです。
でも、まだ見ていない方には、映画館で見ることをお勧めします。

「THIS IS IT」公式HP

はり灸マッサージ助成券

今日は寒かったですね~wobbly
最高気温が9.4℃、それも朝方にこの温度で、日中はこれよりも気温が低かったらしいです。
寒いはずですねっshock
気温の差がますます大きくなってきました。みなさん、風邪など引かないようにご自愛くださいclub

さて、いろいろな自治体で、はり灸マッサージ助成券を扱っているところがあります。
これは、治療院や出張治療で受けるはり灸やマッサージの治療費を、一部負担してくれるものです。

流山市では、60歳以上で国民健康保険料を未納でない方が利用できます(あんま、マッサージ、指圧、はり、きゅう施設利用に対する助成
1回500円で月2回まで利用できます。

流山近隣では、柏市松戸市我孫子市でも行っています。

それぞれ市によって利用できる治療院が指定されていますので、ご確認のうえで利用されるといいと思います(ちなみに私も登録しましたhappy01

助成権の申請にお金はかかりませんので、ぜひご利用ください。
詳しくは、各市のご担当におたずねください。

しし座流星群

先月はオリオン座流星群でしたが、今月はしし座流星群だそうです。

新月の今夜遅く~明日の未明にかけてが一番見られるそうです。

流山近辺は、あいにくの雨ですが…rain

24日くらいまで出現するそうです。

グランプリシリーズ・アメリカ大会

第5戦のアメリカ大会。残すところあと1試合です。

男子は、ライサチェックがSP、FSともに1位で優勝。
一人だけスピードが速くて、余裕のスケートという感じでした。
手足が本当に長いですよね~
衣装が黒だから、余計に目立ちます。
でも、FSは真っ黒以外の衣装のほうがいいんじゃないかな。曲がシェヘラザードなんだし(バレエでは、元がアラビアンナイトの物語なので、アラビアチックなお衣装で踊ります。)

女子はなんといってもキム・ヨナちゃん、そして村主さん

今のところSPのみですが、またまたキム・ヨナちゃんが世界歴代記録更新sign01
ますます磨きのかかったボンドガールっぷりで、見とれてるうちに演技が終わっちゃった感じです。
これからもう一盛り上がりある?と思ってると、最後のスピンに入るので、もう終わっちゃうのかぁ~残念な気分。
ストレートラインステップの曲が「これぞ007!」なテーマ曲なので、余計そう思います。
それにしても、まだシーズン序盤なのに、これからさらに完成度が増していっちゃうんでしょうか。
うーん、末恐ろしいcatface

そして、村主さん
前回が調整不足のようで、村主さんらしさが今ひとつ出ていなかったのですが、今回はジャンプも安定していて、こちらも安心してみていられましたhappy01
前シーズンよりも、村主さんらしい雰囲気のプログラムですね。

明日は女子のフリー。
村主さんは表彰台に上れるか、キム・ヨナちゃんはまたまた点数を伸ばしてくるのか。
楽しみですheart04

11/16追記
結果、村主さんは4位、キム・ヨナちゃんは優勝でグランプリファイナル進出が決定しました。
村主さんは今までの優雅なイメージと違い、最後のステップに向けて盛り上がっていく曲とプログラム。
ジャンプの失敗がもったいなかったでしたが、前回よりも出来上がってる感じでした。
キム・ヨナちゃんは、今回は最初から緊張している感じでした。
やっぱり、プレッシャーが強かったんでしょうね。キム・ヨナちゃんらしからぬミスが多かったし、曲に乗り切れていないように見えました。
それでも流れるようなスケーティングで、やっぱり別格でした。

次回は最終戦のカナダ大会。
鈴木明子さん、ジョアニー・ロシェト、高橋大輔君と注目選手がいっぱいです!

プレミアム商品券、もう使い切りました?

今年の5月にでた「流山市プレミアム商品券

気が付いたら、明日までですよ!sweat01

我が家は、まだ若干残っているので、何に使うか検討しなくちゃ!です。

普段は買わないお店とかで買い物ができて、楽しいんですけどね。

12月には、第2弾が出るようです。

息をはいてはいて~

ヨガが終わった後、何ともいえない幸福感を感じることがあります。
体全体で「気持ちいい~」と感じて、気分もるんるん(死語)な感じ。
今までそれは、体が伸びるせいだと思っていましたが、この頃読んだ本によると、実はヨガで行う腹式呼吸にも理由があるみたいです。

腹式呼吸は、読みそのままでお腹で呼吸すること。
一番のポイントは、「息を吐きだす」です。
全部は無理だけど、お腹がぺったんこになるくらい、息を吐いていきます。
息を吐けば、その分吸うのはできるから、吐くことに集中します。

呼吸が浅いときは、息が吐ききれずにいるので、その分吸う量も少なくなります。
補うように呼吸する回数が多くなります。
緊張すると、呼吸が荒く浅く、心拍数が多くなりますが、呼吸が浅いだけで似たような状況になります。

訳もなくやけに緊張したり、気持ちが落ち込んだり、悲観的になったりしやすくなるときってありませんか?
実は、呼吸が浅いせいかもしれません。

なんだかこの頃落ち込むな、とか、疲れが抜けにくいなと思ったときには、息を5秒くらいかけて吐いてみて。
カラオケで歌ったり、大声を出すのもいいかもしれません。

体の力が抜けて、少しだけリラックスするかもしれませんよshine

笑顔のまんま

今日のスマスマで、BEGINとスマップが歌ってました。

BEGIN with アホナスターズ/笑顔のまんま(YOUTUBE)

ちゃんと聞いたのはじめてでしたけど、いい曲ですね♪

なんか染みちゃいました。

「あの時はあの時さ」、そうだよねぇconfident

グランプリシリーズ・NHK杯

スケートのグランプリシリーズ第4戦、NHK杯
シングルは、ブライアン・ジュベールと安藤美姫ちゃんの優勝でした。
やっぱり、日本開催だと時差がなくて、リアルタイムで見られていいですねhappy01

今回は、なんといっても高橋大輔くんの復帰に注目。
スケートがきれいで、演技も細やか。
見ててワクワクします。やっぱりいいですね~lovely
転んでしまう場面が多くて4位でしたが、まだまだこれから!
シーズンは始まったばかりだし、どんどん滑って試合勘を早く取り戻して欲しいです。

それにしても、男子も女子も、ジャンプで転んでいる人が多かったです。
小塚君も3回くらい転んでましたよねweep(7位は不本意でしょうね~。まだまだこれからです)
優勝したブライアン・ジュベール、安藤美姫ちゃんも転倒してたし。
中野友加里ちゃんも転倒してました(今回4位でおしい!スピンは抜群で、衣装とあっててとてもきれいでした)
みんな緊張してたのか、それともあのリンクが滑りすぎちゃうんですかね?

今週の試合を見ていて思ったのは、国によって会場の雰囲気がまるで違いますね。
日本の観客って、スケートの見方を心得てるなぁと思いました。
盛り上がりどころでは手拍子が入るし、素晴らしい演技には拍手と歓声が起こる。
失敗が続くと、励ましの拍手が起こるし。
どの国の選手だから、というのがなくて、どの選手にも平等に反応が起こるので、滑るほうは気持ちよく滑れるんじゃないかなぁと思いました(逆にプレッシャーにもなるのか?)

これって、日本に素晴らしい選手が多いから、フィギアスケートファンの人が多いし、試合を見て自然と覚えていったためなんでしょうね。
ただテレビで見てる私でも、他の国の大会を見ていると「ここは手拍子でしょ!選手を盛り上げなくてどうする!」と思うことがありますもんね(^-^;
女子の試合は立ち見が多くて満員に見えたし、男子の試合は声援がすごかった!
盛り上がった試合でしたhappy01
明日のエキシビションも楽しみnote

冷え込んできましたね

11月にはいって、グッと冷え込んできましたね。

流山近辺、まだ10度以上はあるはずですが、暖かい気候に慣れていたせいかとても寒く感じます。

私の寒さ対策は、

・靴下を一日に2,3回履きかえる(靴の中の汗を吸って冷えるので、昼と夕方に換えています)

・首筋と仙骨(腰骨下の三角形の骨)、足首周りは冷やさない(動脈が脈打っている箇所を温めると違います)

・お風呂にじっくり入って、出たらすぐ靴下を履く

・マッサージオイルにブラックペッパーを加えて、足回りが暖かくなるようにマッサージする

・はちみつしょうが湯を飲む

などなどです。寒いのは苦手ですっ(> <)

訪問マッサージの利用者さんの中にも、この気温差についていけずに体調を崩している方が多いです。

空気が乾燥してくると、風邪やインフルエンザも流行りやすくなります。

おたがい、体調には気を配りましょうねhappy01

文化の日あれこれ

今日は文化の日。寒かったですが、いいお天気でしたねsun

流山にお住まいの方は、市民祭りが行われていた総合運動公園に行かれた方が多かったのではないでしょうか。
私は午前中に行きました。
流山のお店が出展しているブースや模擬店、青空市、または姉妹都市、友好都市のブースなどのお店が立ち並び、メイン会場ではシンケンジャーショーが、グラウンドでは阿波踊りを踊っていました。
久々に覗きましたが、子供の頃のお祭りよりも、お店も人も多くて驚きましたsign01
活気がありますよね~happy01

そして、午後からはおおたかの森SC内の「カリス成城」の講習会イベントに参加してきました。
カリス成城の創業者の方が講師で、ボディクリームと風邪予防のためのハーブティー作りをしました。

今日のみの特別イベントだったのですが、クリーム作りですごく便利な方法を教えてもらいました。
ボディクリームを作ったことがある方はご存知だと思いますが、材料にミツロウを使います。
ミツロウを完全に湯煎で溶かし、そこにベースオイルを少しづつ加えて混ぜ、少し冷めたところで精油を加えてクリームを作ります。
ただ、ミツロウは少し冷めたなぁと思うと、急速に固まっていく素材なので、精油を加えるタイミングが非常に大事になります。
そこが慌しく、そこで失敗すると、ブツブツしたクリームが出来上がってしまうのですが、
今回のイベントでは、まずベースオイルを湯煎で温め、そこにミツロウを加えて溶かしていくというやり方をしていました。
こうすると、ベースオイルが温まっているおかげで、ミツロウがすぐには固まっていかないのです。
すこし爪楊枝でかき混ぜ続け、周りが徐々に固まりだしたなぁと思ってから精油を混ぜても温度の下がり方がゆるやかなので、あわてることなく作ることができました。
出来上がりも滑らかで、ブツブツもできなかったし、付け心地もいい感じですheart04
今回の作り方は大発見でしたshine

そのほかにも、うがいで使うならレモンやユーカリなどの消毒作用がある精油を500mlのペットボトルに1滴たらし、その水でうがいをするとよいなどなどのミニ知識をいただきました。
アロマの講習会は始めて参加したのですが、本当に参考になりました。
また企画して欲しいなぁhappy01

Photo

今回のボディクリームとお茶。
お茶は5種類のハーブをブレンドしました。おいしいですよ。

グランプリシリーズ・中国大会

スケートのグランプリシリーズ・中国大会。

男子は織田くん、女子は鈴木明子さんのアベック優勝sign03

織田信成くんはグランプリファイナル出場が決定しました。

あのチャップリンメドレーは、喜怒哀楽がはっきりしてて、感情表現豊かな織田くんにお似合いのプログラムですねhappy01

グランプリファイナルでは、さらにジャンプの精度が増したプログラムを披露してくれることでしょう。


そして、今週はなんといっても鈴木明子さんの優勝crown

ちょっともう、テレビの前で感動しましたhappy02

去年のプログラムも良かったけど、今年のウエストサイドメドレーも本当に良いsign03

スケートを見ていると、曲は使っているんだけど、物語を感じさせないな~と思うことがあります。

でも、鈴木さんのスケートには、必ず物語を感じます。

特に、ストレートラインステップが最高sign01

舞台のウエストサイドストーリーでも男女ペアになって踊る「マンボ」は盛り上がるところですが、表情といい、体の切れといい、舞台を彷彿とさせました。

終始笑顔で、スケートを本当に楽しんでいるのが伝わって、見ているこちらを幸せな気分にしてくれますheart04

それにしても、エキシビションが放送されなかったのが、本当に残念。

去年の鈴木さんのリベルタンゴを見てファンになったのに。

次に出場するカナダ大会では、ぜひ放送して欲しいです。


さて、来週末はグランプリシリーズ第4戦のNHK杯

やっと高橋大輔くんの登場ですsign01

復帰した彼の滑りが楽しみです。


はぁ~、週末の楽しみに向けて、月曜日から頑張りますかねrock

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »