最近のトラックバック

« はり灸マッサージ助成券 | トップページ | グランプリシリーズ・カナダ大会 »

マイケル・ジャクソン THIS IS IT

本当は行われるはずだったコンサートのリハーサル映像。
マイケル個人の楽しみに撮っていたそうです。
見ているこちらは、楽しみつつ、涙ぐみつつ見てました。

以下、まとまってませんがネタバレ感想です。

超一流のスタッフが結集して、コンサートを作り上げていくのですが、理想はすべてマイケルの頭の中、それを実現するために集結しています。
ミュージシャンや演出はオリジナルを忠実に再現できないといけないし、ダンスは一音もはずさない緻密さ。
きっかけ、余韻、すべてを計算しつくしてコンサートが作られていきます。

マイケルは、音楽、ダンス、舞台演出すべてにこだわりがあり、どのパートにも注文をつけていきます。
でも、決して偉ぶらず、声を荒げることもなく、ものすごく謙虚。
「こう僕が言うのは、もっといいものができると思うからだよ。愛からだよ。」と必ず付け加える。
もっとストレートに要求をぶつけてもいいところでも、遠まわしな言い方になるため、舞台監督が間に立ってどうしたいのか聞き出す場面もありました。
これって、何かとトラブルに巻き込まれてきたマイケルの知恵なのかしら?と思い、でも、偉ぶらず、相手を認めてくれるこんな上司の下で働いたら働きやすいかもと思い、でもきちんと翻訳してくれる人がいなかったら、誤解されるかもと思いました。

それにしても、今年で50歳になる男性とは思えない!
ダンスの切れも、歌声も変わらない。
本当に、この数日後に死んじゃったのが信じられないくらいです。
20代、30代のダンサーと比べても切れがよく、低音から高音まで歌声が響く。
どれだけのトレーニングを積んできたのか。
マイケルを聞いて、見て育った一流のスタッフが、一緒に仕事ができると感激しちゃう人。
エンターテイナーとして、本当に才能があって一流の人なんだと改めて思いました。

そんな人が目指した舞台は、「観客が見たがっている、観客を未知な世界に連れて行くような舞台」
すべて観客のためにコンサートを作っていました。
本当は、体力を考えたらもっと楽をしたかったのかもしれません。
でも、全盛期のマイケル・ジャクソンを見たがっている観客のために、あくまでも貫き通そうとしている姿勢に、プロのあるべき姿が見えました。

本人が亡くなっているので余計におセンチに感じるのかもしれませんが。
ここ10年位ゴシップまみれで、こちらもそれに影響を受けて、「マイケル・ジャクソンなんて…」と思っていましたが、
なんだかもったいない気持ちになりました。
相変わらず、マイケルは格好いい人で、ダンスにも歌にも興奮させられるし、こんなコンサートが見られるなら料金が高くても絶対みたい!と思えるような物を作れる人でした。
私生活とか、ゴシップとか、別に知りたいと思わない。
才能がある人のすごい贈り物は、素直に受け取ってればいいんじゃないか。と思えました。

本当に、このコンサートが実際行われなかったのは残念。
関わったスタッフたちの喪失感は計り知れないし、見た人は、一生忘れられない時間を過ごしたんじゃないかと思います。

今度のスマスマで特集をやってくれるそうなので、また楽しみです。
でも、まだ見ていない方には、映画館で見ることをお勧めします。

「THIS IS IT」公式HP

« はり灸マッサージ助成券 | トップページ | グランプリシリーズ・カナダ大会 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541114/46824689

この記事へのトラックバック一覧です: マイケル・ジャクソン THIS IS IT:

« はり灸マッサージ助成券 | トップページ | グランプリシリーズ・カナダ大会 »