最近のトラックバック

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

Σ( ̄ロ ̄lll) なんですと!

johnny's NETでも正式発表になっていましたが、SMAP、上海万博で「ファンの集い」開催(サンスポ記事)

SMAPファンとして、ブログで叫ばせていただきます。

上海でファンの集いって!!
日本でもあるの??
その前に、今年こそコンサートやるんでしょうね!!!

待たせすぎよ~~~(。>0<。)

日本の国宝、最初はこんな色だった(小林泰三著) 

Photo

 「日本の国宝、最初はこんな色だった」(2008 光文社新書)

遺跡発掘や、博物館の展示を見るのが大好きです。
「昔ここに人が住んでたんだなぁ」とか、「これを使って生活してたんだなぁ」と思うと、ワクワクします。
そんなわけで、図書館でこの本を見かけたとき、面白そうだなぁと思いました。

この本で取り上げられている東大寺の大仏殿や、地獄草紙、花下遊楽図屏風などは、何百年、千年以上昔のものですから、現在は褪色したり、一部剥落したりしてます。
それを私たちは博物館などで、「むむ、あの色の渋みがいい!」と思って観賞しています。

復元作業は、ゴミや剥落を補うのはもちろん、作品にほんの一部残されている色を突き止めたり、当時の色の配色規則を元に色を決めたり、同時期の美術品を研究したり、専門家に聞きながら行っています。
作者は「美術刑事」として、聞き込みをして考え抜き、逮捕(完成)していくのですが、その過程がまた面白い。

そして、過程を知った上で見る完成品はすごく色鮮やかで、元の状態とはまったく違う!
東大寺大仏殿なんて、極彩色が華やかで別物です。

さらに、作者はその完成品データを使って、当時の人がこう見ていたに違いないという位置を探っていきます。
屏風などは対にしてみたり、屏風仕立てな絵を本来の襖絵仕立てになおしたり、巻物の軍紀物の流れなどを紹介したりと、飾り物ではなくて日常使う中でどう見えるかを探っていきます。
そうすると、その作品の持つ迫力が、さらに迫ってくるようです。

作者はその美術品で「何が描かれているかではなくて、何が見えてくるか」を意図してデジタル復元するそうです。
博物館で見るのとは違う観賞法で、美術品の本当の魅力はこうなんじゃないかと思える面白い一冊だと思います。

ちりとてちん(再放送中)

ちりとてちん

3年前の朝の連続テレビ小説。
いつもの朝ドラは、「これが終わったらとっとと家を出る!」という時計代わりのようなもの。
内容も真剣に見てません。

しかし、このドラマだけは毎朝楽しみでした。
このドラマを見る15分を確保するために、15分早く起きていたものです。

主人公のヘタレっぷり(貫地谷しほりちゃんいいです!)や、個性豊かな周りの人たち(特にお母さんの糸子さん!和久井ちゃん最高ですheart04)、誰をとっても最高です。
面白くて大笑い、時に泣かされて、化粧ができなくて「朝の支度が進まないじゃないの~」とテレビに文句を言ってましたdelicious

そんな「ちりとてちん」が、日曜日の深夜に再放送しています。
本当に深夜(1:10~2:40)なので、DVDにまとめて録画して後日見ています。
3年たってるけどやっぱり面白い!
いろんな伏線がはられているので、それを知った上で見るとまた面白さが膨らみます。

現在、3週分が終了したところですが、未見でもまだ追いつけますよ。
お勧めですhappy01

コーヒーファーム(豊四季)

昨日の朝は雪が積もってましたが(同じ千葉県内でも、雪ではなくてミゾレのところもあったようですね)、
今日の流山、久々に晴れましたsun
なかなかすっきり春!にはなってくれないですね。

豊四季の「コーヒーファーム」、駅前なのでつい立ち寄ります。
こちらのお勧めは、やはりコーヒー。
カップにドリップコーヒーがたっぷりと注がれて出てきます。

私は喫茶店で、本を読んだり、仕事のまとめをするのに筆記用具を広げることが多いのですが、
こちらは机が大きく、縦並びになっているので、人目を気にせずにいろんなものを広げられます。
お店の方もほっといてくれるので、つい長居してしまいますsmile

そして、お会計のところにおいてある、お試しコーヒーが嬉しいhappy01
一杯分に袋分けされているコーヒーを、持って帰ることができるのです。
自宅でもおいしく飲めますよ。

*コーヒー豆の量り売り販売もしています。


*2011年追記
こちらの喫茶店は、2010年の11月に閉店してしまいました。
豊四季でよく利用していたので残念sad

印象に残ったことば

1週間があっという間。またまたお久しぶりになってしまいました。

先週久々にマッサージの講習会に参加しました。
今回は、訪問マッサージのパイオニア、西村久代先生の講習会でした。

とにかくパワフルな先生で、2日10時間の講習会を座学、実技ともに惜しみなく教えてくださいました。
質問にもどんどん答えてくれるし、本当に良い講習会でした。

その西村先生の言葉で印象に残ったのが、
「良いことばかりしてがんばらない。
良いことばかりしてると、患者さんに対して「自分がこんなに真剣にやっているのに、どうして治らないの!」とか、「どうしていうことを聞かないの!」と言ってしまいたくなる。
○○のに、どうして!というのは最悪だから、ちょっと悪いこともしなさい」
ということ。

がんばってると、ついつい言いたくなるんですよね(^^;)

悪いことといっても、人様に迷惑をかけるとかではなくて、
自分だけおいしいものを食べる、とか、自分のために高い買い物をする、とか、自分だけ休むとか、そういったことでもOK。
パートナーがいたりすると、つい後ろめたく感じたりするけど、他人に真剣になるのと同じくらい、自分のことも楽しませなきゃだめ!ということなんだろうなぁ。と思いました。

というわけで、講習会の帰りにcafeLANAI のワッフルセットを食べてきました。
相変わらず、おいしかったですhappy01heart04

…ちょっと悪いことでも何でもないけど。


*おまけ*
今更ですが、本土寺の参道の写真です。

Hondoji_sakura

この写真を撮ったのは先週の金曜日。
今は葉桜になっています。

運河の桜

今年は途中寒くなったからなのか、桜の時期が長いようです。
おかげで、あちらこちらの桜を楽しめています。
今日は仕事帰りに東武野田線の「運河」駅近くの水辺公園に行ってきました。

Unga2

Unga3

Unga1

天気がよかったので、お花見(というか、宴会?)をしている人が多かったです。
でも、気温が低かったので、「寒い~」といってる人も多かったsweat02
まだ日が出てましたけどなにせ水辺ですから、風が直に当たります。
宴会予定の方は防寒していったほうが良いと思います。

肝心の桜は、少し散り始めていましたが、まだまだきれいでしたcherryblossom


スケートあれこれ

シーズンオフに入ったはずのフィギュアスケートですが、いろいろと今日は記事が出てます。

高橋くんの岡山凱旋パレードとか、

村上佳菜子ちゃんの高校入学とか(ブレザーは真央ちゃんのお下がりなんだとか。可愛いわ~)。

中でも一番気になったのが、村主さんの新所属が決まった記事。
3月に、決まらなかったら引退と宣言していただけに、本当によかったnote

また、スポーツ選手のマネジメントなどで有名なサニーサイドアップに、4月から社員として就職もしたのだとか。
生活基盤を整え、選手としての援護体制も整え、目指しているのはソチ五輪sign03
正直、年齢的な壁はあると思うのですが、でも村主さんのスケートが見られるのは嬉しいhappy01
今シーズンはあまり見ることができなかったので(オリンピック時のキャスター姿のほうが印象に残ってます)、来シーズンはどんどん活躍して欲しいです。


*おまけ*

松戸市小金原団地のさくら通り
Sakuradori

名称そのまま、さくらのトンネルでしたcherryblossom

清瀧院の桜

今日は一日よいお天気sun
お花見には絶好のお天気でしたねcherryblossom

ご近所の清瀧院の桜を見に行きました。

Seiryuin4


Seiryuin3


Seiryuin1


こちらのお寺で有名な枝垂桜、満開までにはもうちょっとでした。

Seiryuin2

夜にはライトアップもされています。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »