最近のトラックバック

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

青森、秋田旅行④ 斜陽館

前回から、またまた間が空いてしまいましたがsweat01
龍飛岬の次は、金木にある太宰治記念館の斜陽館に向かいました。

Ca390349
ここは、元々太宰治の生家だったそうですが、戦後旅館になり、その後記念館になったそうです。
中には、太宰の生原稿や写真が飾られていたり、
「斜陽」という文字を含んだ襖書の部屋(この書が元で、斜陽という題名がついたのではないかといわれているそうです)などもありましたが
部屋のつくりで、主家の人間と使用人の立場を表していたり(途中段差があって、使用人はここから先は出入りできないなどの制限があったそうです)
○○という作家が作った襖絵の立派な部屋(キンキラしてました)や
津島家の仏壇(2間くらいある、すごく立派な仏壇でした!)などなど、
太宰の実家がいかに豪勢だったかを偲ばせるものが多かったです。

バスガイドさんのお話では、太宰が金木に帰ってくるときには使用人や町の人が総出でお出迎えするくらいだったとか。
太宰は相当お金持ちの家のお坊ちゃんだったんですね。
残念ながら、私はあまり太宰作品に触れていないのでひととおり見て終わってしまいましたが、ファンにはたまらないと思います。

次は、三内丸山遺跡に向かいます。

*おまけ*
Ca390348  Ca390350
斜陽館の前にある観光物産館で食べた太宰ラーメンと梅ソフトクリーム
竹の子が入ってるラーメンは珍しい&梅ソフトは甘すぎず梅の味。
どちらも美味しかったですよ。

青森、秋田旅行③ 竜飛岬

1日目は男鹿半島の寒風山白神山地の十二湖

2日目は津軽半島の龍飛崎に向かいました。

途中、車中からりんご畑と岩木山が見えました(お岩木山といえば「帰ってこいよ~♪」と思った方、きっと同じ世代ですhappy01)。
Ca390338


ガードレールにもりんごがあるのが青森らしい(ちなみに、この緑バージョンの他、赤バージョンも見ました)
Ca390335

余談ですが、青森の道路は、高速道路にのって順調かと思うと、「ここまでしか開通していません」となって一般道路になる箇所が多かったです。
全部開通してくれれば、もっと行き来が楽だと思うんですよ~と、バスガイドさんが仰ってました。
渋滞にはまることは一度もありませんでしたが、なにせ広いので、高速ができたら楽でしょうね。


さて、津軽半島の先っぽの龍飛崎
Ca390340
晴れていれば、北海道が見えるそうですが、この日は残念ながらガスがかかっていました。
それにしても、風強い!!
2日目もよく晴れてましたが、風が強くて肌寒く感じました。


そして、龍飛岬といえば「津軽海峡冬景色」(@石川さゆり)!
Ca390343  Ca3903442
津軽海峡冬景色の記念碑です。
2枚目の碑の真ん中にボタンがあって、押すと「ごらんあれが龍飛岬~♪」と津軽海峡冬景色の2番だけが流れます。
見学中、ずっと流れっぱなしでした。

さて、次は金木の斜陽館に進みます。


*おまけ*

龍飛岬から脇元海水浴場方面に向かう途中の景色
Ca390346
青森ヒバをよく見かけました(標高の高い場所のみ生えているそうです)。
緑の山が連なっていて写真に収めきれませんでした。
これまた素敵な場所でしたが、道のアップダウンが激しく、運転手さんもソロソロと運転していました。
冬の間は通行止めだそうです。

青森、秋田旅行② 十二湖

寒風山に続いて、バスは国道101号線を北上。白神山地の十二湖に向かいました。bus

バスの左横に日本海。お天気が良くて海面がキラキラしてました。
100516_13480001

さて、十二湖散策ですが、時間は1時間程度sweat01
なので、十二湖全部を廻ることはできません。
今回は、鶏頭場の池→青池→ブナ自然林→沸壷の池→十二湖庵でお茶→落口の池横を通って出発地に戻る。というコースでした。


鶏頭場の池
100516_14320001
散策の出発点。大きな池で、湖と林のコントラストがきれいです。


青池
100516_14340002 100516_14380001
パンフレットなどでよく見ていて、今回の旅行ですごく行きたかった場所のひとつ。
実物もブルーがとてもきれいで、自然の色と思えないくらいshine
ちょうど見ていた時間も良く(午後2時くらいでした)、透明度が高かったそうです。
青い湖の底の、倒木や魚の泳ぐ姿もしっかり見ることができました。


ブナの自然林
100516_14400002 100516_14490001
道の両脇に、自然のままのブナの林が広がっています。
鳥のさえずりもあちこちから聞こえてきました。
キツツキの「トントントントントン」というノッキングも聞こえました。


沸壷の池
100516_14500001
ここも青池に劣らずブルーのきれいな池。ちょっと青が濃くなった感じです。
ここの湧き水が流れていったところに、十二湖庵というお茶屋さんがあり、そこで湧き水を使った抹茶が振舞われています。
また、湧き水を自由に飲むこともできます。


この池までが自然いっぱいの遊歩道。足元はブナのチップ?が敷き詰められ、とても歩きやすくなっています。
歩いてる間中、とても気持ちがよくて、手先がビリビリしてきて、自然のパワーをもらえてる感じがしました。
もう、1時間じゃ全然足りないです!!


*おまけ*
Ca390334
今回の旅行、行くところ行くところに珍しいアイスがあって、毎日アイスクリームを食べていました。
一日目は、ししとうアイス(@道の駅たかのす)
味は、ピリカラではなくて、イタリアンハーブっぽい味でした。

青森、秋田旅行① 寒風山

先週、家族で旅行に出かけました。
毎年1度は家族旅行していますが、今年はほとんど行ったことのない北東北。
男鹿半島、津軽半島、下北半島を巡るバスツアーに参加しました。

2泊3日のツアーで、行った場所は寒風山、十二湖、竜飛崎、斜陽館、三内丸山遺跡、十和田湖、奥入瀬渓流、恐山、大間…と、まあ豊富!
だいたい1箇所につき1時間程度しかいられなかったので、ほんのさわり程度でしたが。
でも、新緑の青森、秋田は、想像以上に広くて緑が多くて素敵でした~heart04

というわけで、嬉しくなっちゃって撮りまくった写真をご紹介します
(ケータイで写してるので、あんまり写りよくないですけどsweat01
今日は男鹿半島の寒風山

100516_11460001 100516_11460002

寒風山の上から。
海の向こうには、うっすらと鳥海山が見えました。
パラグライダー目当ての方が多い場所らしいです。この日も大勢飛んでいました。

頂上に展望台がありますが、見晴らしがいいのでそこまで行かなくても十分でした。
(2枚目手前のモヤモヤは、他の方が写っているので消しました(^^;))

そして、この寒風山上をうろちょろしているときに、珍しい現象が!

100516_11530001 100516_11540001

太陽を中心にして2重の虹がかかってましたnotes
(うーん、写真じゃよくわかりませんね)
なんだか幸先いい感じですhappy01

*おまけ*
国道沿いに、巨大ななまはげを発見!
Ca390333

男鹿総合観光案内所

★より〇で

週末から昨日まで、北東北へ旅行に行ってましたairplane

2泊3日で男鹿半島、津軽半島、下北半島を旅するツアー。
ものすごく駆け足でしたが、すごく楽しい旅でした!

新緑の青森、秋田、素敵でした~lovely

また後日、行った場所などブログにアップしますね。


さて、帰ってきて今日から出勤!
リフレッシュされて、気持ちに余裕があるせいか、朝から元気だったのですが。
久々の通勤電車は、なんだかいろんなことが目に付いて…
電車から降りたら、ちょっと重たい気持ちになりました。

電車内に漂う、どよーんと疲れてる雰囲気、そして殺伐としている感じ。
なんだか、みんな「自分の中に入ってこないで!」と閉じてる感じがします。

一番感じるのが、混雑しているときに、黙って押しのけて進む人が多いこと。
いい位置を取りたい気持ちはわかるけど、荷物が周りに当たるのもお構いなしに突進してこられると、当たられるほうはすごく嫌な気持ちpout
自分が通るんだから、周りは動くのが当然、動かないから押しのけて当然!と思ってるのかな?
ジャングルの中を探検してるわけでもなし、一言「すみません。通してください」と言えば、スペースを空けてくれる人が多いのに。
わざわざケンカ売ってるのかなぁ?と思います。

杖をついている人、お年寄りが前に立っていても座って平然としてる人。
電車の中の化粧もそうだけど、周りに気配りがなくて、無視しているというか、むしろ見えないのかな。
ヘッドホンして、ゲームや携帯や本で自分の世界を作って、周りに入られないように武装している。
そりゃ、殺伐ともするわねthink

ように思えた、久々の通勤電車でした。

熱唱、瀬戸の花嫁♪

今日は、仕事先のデイサービスで5月生まれの方の誕生会がありました。

毎月一回あるのですが、ケーキとお花、カラオケとビンゴでお祝いします。

参加したのは2回目でしたが、アカペラで歌う方がいたり、即興で作詞作曲した歌を披露する方がいたり(デイサービスありがとうの歌とか、おめでとうの歌が次々と出てきます)、踊る方がいたり。

一方で恥ずかしがって絶対マイクを持たない方もいますが、みんなで歌うのにあわせて口ずさんで楽しんでいらっしゃいました。

恥ずかしながら私も、瀬戸の花嫁を歌ってきました。

ぶっつけ本番、途中よくわからなかったけどなんとか歌えました。

いやもう、緊張しましたhappy02

最後にお誕生日の方が、「いい思い出になります。ありがとうございました」と仰っていました。

やっぱり、いくつになってもお誕生日は嬉しいものだし、お祝いするべきよねぇと思った次第です。

母の日

今日も流山はいい天気でしたsun
GWといい、休日になると天気がよくて、5月の気持ちのいい時期に嬉しい限りです。

さて、今日は母の日。
我が家ではお昼に本土寺参道の「草木庵」でおそばを、夜は姉が中華づくしを用意して、感謝の心を表してみました。

ふだん本当にお世話になっているので、感謝してますhappy01
面と向かっては、なかなか言いませんけどねsweat01

空から日本を見てみよう(テレビ東京)

今日の19:58~から放映していた「空から日本を見てみよう

今日はつくばエキスプレスをずっとたどっていました。
当然流山も!
家族で見ていたのですが、流山~柏になると俄然知っているところが増えるので、
「生涯学習センターだぁ」とか、
「あれ?みりん工場今もうないよね?」とか、
「おおたかの森のあたり、だいぶ森がなくなっちゃったね」とか、
「柏の葉のあたりは、前はランクの高いゴルフ場だった」などなど
コメントしながら見てました。
きっと、近隣の人たちも同じだったはず!
自分が知ってるところをテレビで映されると、ワクワクしますねhappy01

それにしてもこの番組、まるで深夜のようなまったりぶり。
途中のコメントに思わず吹き出しながら見てましたが、くもじいの声が伊武雅刀さんだったとは!
番組一番のびっくり情報でした。

ゴールデンウイークあれこれ

ゴールデンウイークも、明日までとなりましたが、今年はすべていい天気sun
みなさん、いかがおすごしでしょうか?

私は半分くらい仕事してます(訪問マッサージは祝日関係なしなのです)

そして、やっと29日に行ったハイキングの筋肉痛が抜けてきました。
それにしても、5日もかかるとは…
運動不足+回復力が落ちてきたということかな?sweat02

このゴールデンウイークには、叔父叔母&いとこ達と会ってきました。
半年ぶりに会った3歳と7歳の姪っ子(いとこの娘たちは、私にとっても姪っ子!)は、背も伸びてグンと大きくなって、いっぱいおしゃべりしていました。
この年頃の子は会うたびにどんどん変わりますねhappy01

一緒に、新浦安のブライトンホテルのランチオーダーバイキングに行ったり(メニューが豊富で、食べ応えあり!すごく人気みたいです)、
コストコに行ったり(人多すぎ!酔いました~typhoon。初コストコでしたが、日本じゃないみたいです)

ふだん、ご高齢の方の相手が多いので、ちびっ子達の相手は新鮮shine
一緒に楽しませてもらいました。
今日帰って行ったようですが、渋滞に巻き込まれてないといいんだけど…

アラフォーハイキング♪

昨日の昭和の日(いつの間にかみどりの日じゃなくなってたんですね)神奈川県の陣馬山に友人たちとハイキングに行きました。
陣馬山は、JR中央線の高尾駅から2つ目の藤野駅の近く。流山からだと1時間30分くらいでつきます。

歩き始めてすぐに雨に降られましたが、途中からは青空♪
私を含めてアラフォー&ほとんど運動していないメンバーが多いので(^^;)、ゆっくりのんびり、疲れたら休んでというペースで。
JR藤野駅~陣馬登山口~陣馬山~奈良子峠~明王峠~与瀬神社~JR相模湖駅というコースを5時間30分くらいで上って降りてきました。

途中は雨だったので写真は撮れませんでしたが、ちょっとだけ。

Photo

山頂の白馬の彫刻。
この山頂からは四方がよく見えます。
昨日は少しガスがかかっていました。

Photo_2

明王峠

Pap_0131

途中はこんな感じ。
新緑が鮮やかで、杉林や雑木林がきれいです。
林はすごく手入れされていて、日光が降り注いでいました。

Photo_3

与瀬神社の山門
後ろに見えるのが陣馬山です。

Photo_4

相模湖
与瀬神社から降りてきて目の前に広がっています。

今日はまんまと筋肉痛で、階段の上り下りでひーひー言っていましたが(^^;)
緑に囲まれてなんだか癒されました。
高尾山ほど混んでいない場所なので、のんびり楽しみたい方にお勧めです。


*おまけ*
JR相模湖駅すぐの「喫茶SAGAMI」
帰りに寄ったのですが、美味しかったです!

Sagami

チョコレートパフェとあんみつ(他にアイスも頼んだのですが)
ボリュームがあってすべてフルーツてんこ盛り!
なのに500円以下という超良心的なお値段。
コーヒーも美味しかったし。
ご近所だったら通っちゃいます(*^^*)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »