最近のトラックバック

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

ダブル・ミッション

久々に映画を見てきました。
「告白」、「マイケル・ジャクソン キングオブポップの素顔」、「ザ・ウォーカー」などなど、気になったのは多かったのですが、なんとなく体が重くて単純に楽しめる映画が見たいなぁと思いました。
3つとも、見終わった後にズーンと重苦しくなりそうでsweat01

というわけで、今回はジャッキー・チェンですnote

*以下ネタバレ含む感想*

「ダブル・ミッション」って、なんだかハリウッド映画みたいな題名だなぁと思っていたら、原題は「THE SPY NEXT DOOR」というそうで。
ジャッキーが世界進出してから30年の記念映画らしいです。

冴えない男に扮しているけど、実はCIAの敏腕エージェントで、結婚を考えて引退を決意したものの、ひょんなことから陰謀に巻き込まれる…
というのがあらすじですが、ジャッキー映画らしいアクションコメディ映画でした。
大掛かりなアクションはないものの、ジャッキーのアクションは健在!
どこまでも動きが滑らかで、強いです!
1人で何人も倒してました。さすがです!
でも、かっこいいんじゃなくて面白いんですよね。

ジャッキー映画は、ヒーロー対敵な構図がはっきりしてるけど、敵は倒されてもあとから復活してくるし、よくある「敵なんだから殺されて当然」みたいなところがないので、単純に楽しめます。
大体こうなるだろうなぁと先が読めるストーリーを、笑って、ジャッキー相変わらずアクションすごいわぁと楽しむのが、ジャッキー映画の醍醐味ですよねhappy01
ちなみに、お約束のNGシーンもエンドロールで流れます。

ダブル・ミッション

夏越の祓え

サッカー日本代表、予選リーグ突破しましたね!soccer
大会前の評価をすっかり覆して、2勝しちゃうなんて、あっぱれですsign03
いつものことですが、にわかサッカーファンになっています。
しかし、今朝の試合は眠気に勝てず、結果をニュースで知りました(だめじゃん!)
次回は29日23時からなので、観戦したいと思います。
国同士の試合って、見てるこちらも燃えますね~


さて、先週駒木のお諏訪様に行ってきました。
6月は、夏越払いの時期。
冬と同じく、茅の輪ができていたので3回くぐり、社務所で人形をいただいて半年分の厄をうつしてきました。
30日に払いの神事があるそうです。

Pap_0139

いつものことながら、こちらにお参りするとすっとします。
神聖な気持ちになるのと、緑が多いおかげでしょうか。
月に一度、お参りするのが習慣になってきました。


今日は夏至

今日は夏至だったんですね。
どうりで19時になっても明るかったはずsun

仕事柄、自転車を乗り回していると、冬は16時30分を過ぎると暗くなってきて、訪問先から帰るときには夜。
ペダルをこぎながら、「なんだか遅くまで仕事しちゃったなぁ」としんみりしますthink

でもこの頃は、仕事が終わってもまだ明るい!
「まだまだ明るい!今日はこれから!!」という気分になります。

日照時間が気持ちに与える影響って、大きいですねhappy01

森のマルシェへ

今週から梅雨に入ってるはずですが、今日の流山は晴れましたsun
雨降りそうだったから、レインブーツ履いて傘を持って出かけたのですが、途中から日傘が欲しくてたまりませんでした。
暑かった~sweat01

さて、今日仕事帰りにおおたかの森によってみたら、森のマルシェが行われてました。
実は、今まで行ったことがなくて、楽しみにしていたのにすっかり忘れていたのでラッキーでしたheart04


ちょうどお昼時でお腹が空いていたので、流山ボンベイのチキンカレーを食べてみました。
Photo

流山ブロガーズの方のブログを読んでいて、食べてみたいと思ってたんですheart04
私はあんまり辛いのが得意ではないので、辛さ表示が一番辛くないチキンを選びました。

たしかに辛くない。というか、まったく辛くない。

鶏肉がジューシーだけど、ご飯の上にのせて食べるにはちょっと物足りない。
カレースープとして単独で食べるほうが美味しいと思いました。
今度は、インドカレーに挑戦してみようと思います!

その他、お野菜などが売られているのを眺めつつ、帰って来ました。
HP見てみると、いろいろイベントやってたりしたんですね。今度チェックしてみよう♪


結婚おめでとう♪

この1週間、風邪引いてましたsweat02

最初はのどだけだったのが、節々が痛くなって熱が続いて、鼻水、今はちょっと咳が出ています。
ちょこちょこ風邪は引いているのですが、今回は本格的な風邪でした。
葛根湯を飲んで、熱と汗をバーっとだして(葛根湯は薬効上、熱が上がります)、水分をたっぷりとって、仕事以外はひたすら寝てました。
今日、やっと落ち着いてきた感じです。

この頃、街中でマスクの人を見かけるので、花粉症の人もいる思いますが、何割かは風邪の方かもしれませんね。
あんがい、今年の風邪はしぶといですので(体験上)、みなさまご自愛くださいませconfident


そんな中、昨日は大学時代の友人の結婚披露宴でした。
早く結婚するに違いない!と本人も周りも思っていたのが、なぜか今まで相手がいなくて。
それが、お互いに一目見て、「この人だと思った」とビビッときたそうで、晴れてゴールインになったのでした。
うらやましい話だわ~lovely

披露宴では、大学時代の友達と久しぶりに会いましたが、みんなお腹が出てたり、全体にふっくらしたり、目じりにシワが出てたり。
まあ、お互い様ですけど、大学を出て〇〇年の月日を感じつつ、でもやっぱり一緒にいると、そのときに戻っちゃいました。
楽しかった~!

友人は幸せオーラ全開heart04
素敵な奥様と一緒になれて、終始笑み崩れていました。よかったねー!
大将、末永くお幸せに~~~ring

Pap_0137

青森、秋田旅行⑧ 大間

一番最後に立ち寄ったのは、下北半島最北端の大間町
Ca390407
大間といえば、マグロですfish

が、水揚げされたマグロは、すぐに築地に行ってしまうそうで、見ることはできませんでした。残念!
でも、おみやげでこんなのありました。
Photo
買ってきたマグロカレー
レトルトなので保存が利きます。食べるの楽しみheart04

そして、マグロはなかったけど、ツブ貝や生ウニを食べさせてくれるところがあちこちに。
写真はありませんが、生うに食べてきました。
生うにを塩水にさっとくぐらせて食べさせてくれます。
美味しかったです。日本酒と一緒に食べたらいいでしょうね~lovely


さて、そんなこんなな3日間。
バスの走行距離は1000km。本当に欲張り旅でした。
1箇所に留まる時間が少なかったので、満喫とまではいきませんでしたが、秋田、青森は山も海も湖もある素敵な場所でした。
また天気がよかったので、きれいな景色をいっぱい見ることができました。
そして、初めての場所を楽しむにはツアーに参加してよかったかもしれません。
バスガイドさんが地元の方で、いろいろ教えてくれたし、添乗員さんも許す限り時間をとってくれたし。
個人旅行では、ここまで行かれなかったし、いろいろと知ることは出来なかったと思います。

今、JRの駅には「北東北の旅」キャンペーンなのかポスターがたくさん貼ってあって、ついつい立ち止まって眺めてしまいます。

今度はゆっくり行きたいな!


*おまけ*

道の駅「よこはま」で食べた菜の花アイス
Ca390408
今回の旅の最後に食べたアイスです。
横浜町は菜の花で有名な場所だそうで(行った1週間前が菜の花フェスティバルだったそうです)、菜の花の蜜のアイスでした。

青森、秋田旅行⑦ 恐山

恐山

恐山に行く前のイメージは、とにかく「おどろおどろしい所」
この世のものとも思えない風景が広がり、イタコのおばあさんたちが口寄せをしているところで、オカルトチックに違いない!と思っていました。

バスに乗って、どんどん坂道を登っていったのですが、お地蔵様と一緒に「あと〇里」と石塚も立っています。
…なんだか緊張。

道の途中の太鼓橋。三途の川を渡ります。
Ca390391

あら?と思ったのは、お寺が建っていたこと。
実は、曹洞宗のお寺が建つ霊場なのです(私本当に知らなくて驚きましたsweat02)。
なんだか想像と違います。
Ca390392

門前にイタコの人がずらっと並んでいるはず!と勝手に思っていたのですが、まったくいませんでした。
イタコさんは、恐山大祭と恐山秋詣りの年2回いるのだそうです。


ご本尊がいらっしゃる道場を抜けると、地獄と呼ばれる場所やお地蔵様、各お堂の建つエリアに続きます。
硫黄臭がたち込め、岩場が続きます。

Ca390393 Ca390396 Ca390397

中には、亡くなった方の衣服や身の回りのものが納められているお堂もあります。
道々には、亡くなった方の名前を書いた石やプレートがあちこちにおかれ、石もあちこちに積まれていました。


岩山を抜けると、極楽浜と宇曽利湖が広がっています。
Ca390399_2

実際行ってみた恐山の印象は、オカルトチックではなくて「亡くなった方を供養するための山」。
バスガイドさんによると、東北の人は亡くなったら恐山に行くと思っている。とのこと。
イタコさんは、亡くなった人との繋がりを持ってくれる役目の人たちだし、亡くなった人と接点を持ちたくて来るのが恐山なのかな、と感じました。


*おまけ*

ここでもありましたよ、アイスクリーム!
Ca390403_2

恐山アイスのヨモギ味
甘さ控えめで、ヨモギの香りがしました。

青森、秋田旅行⑥ 奥入瀬渓流

Ca390368


Ca390374


Ca390373


Ca390378

Ca390377


Ca390379


Ca390370


Ca390388


Ca390389


Ca390381

青森、秋田旅行⑤ 三内丸山遺跡

旅行記、なかなかサクサクッと進みませんがsweat01
もう少しお付き合いくださいwink

今回は三内丸山遺跡

縄文時代の集落遺跡として、日本最大級の遺跡です。
ボランティアガイドさんの説明を聞きながら見学しました。

Ca390361  Ca390362
右側の写真、まるで地層のような壁です。


Ca390352
復元された建物。
1人がやっと入れる大きさから、10人位入れそうな大きさまで様々。
ただし、発掘したときの建物の穴の状態、他の遺跡で発見された建物などを参考に、「こうだったに違いない」という想像で造られている。とのことでした。

Ca390351
この道も、当時の道幅、道のつながりを復元したのだそうです。
道や場所にもきちんと規則があり、住居スペース、ゴミ捨て場、まつりの場所など、当時はきちんと住み分けができていたそうです。


このような建物の復元のほか、発掘したそのままの状態を展示している箇所があります。
Ca390354
その中の一つ、大型掘立柱建物跡。
建物の柱跡で、穴の中に支柱が残っています。このような穴が6~8穴、きっちり等間隔で空いています。
縄文時代に計測する技術があったことをうかがわせます。


Ca390355
また、展示室もあり、埴輪や土器、装身具などなどが展示されています。
展示室としては珍しいことに、写真をとることができました。
たいていは、ストロボなどの光による展示品の劣化を恐れて写真撮影はNGです。

広くて見所いっぱいの場所で、縄文時代好きや遺跡発掘好きな方は何時間いても楽しいと思います。


*おまけ*
三内丸山遺跡を後にして向かった十和田湖
Ca390363
とても広い湖でした。
透明度の高い湖なのですが、着いたのが夕方だったのでいまいち。
今度行くときには早めに行きたいです。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »