最近のトラックバック

« 青森、秋田旅行④ 斜陽館 | トップページ | 青森、秋田旅行⑥ 奥入瀬渓流 »

青森、秋田旅行⑤ 三内丸山遺跡

旅行記、なかなかサクサクッと進みませんがsweat01
もう少しお付き合いくださいwink

今回は三内丸山遺跡

縄文時代の集落遺跡として、日本最大級の遺跡です。
ボランティアガイドさんの説明を聞きながら見学しました。

Ca390361  Ca390362
右側の写真、まるで地層のような壁です。


Ca390352
復元された建物。
1人がやっと入れる大きさから、10人位入れそうな大きさまで様々。
ただし、発掘したときの建物の穴の状態、他の遺跡で発見された建物などを参考に、「こうだったに違いない」という想像で造られている。とのことでした。

Ca390351
この道も、当時の道幅、道のつながりを復元したのだそうです。
道や場所にもきちんと規則があり、住居スペース、ゴミ捨て場、まつりの場所など、当時はきちんと住み分けができていたそうです。


このような建物の復元のほか、発掘したそのままの状態を展示している箇所があります。
Ca390354
その中の一つ、大型掘立柱建物跡。
建物の柱跡で、穴の中に支柱が残っています。このような穴が6~8穴、きっちり等間隔で空いています。
縄文時代に計測する技術があったことをうかがわせます。


Ca390355
また、展示室もあり、埴輪や土器、装身具などなどが展示されています。
展示室としては珍しいことに、写真をとることができました。
たいていは、ストロボなどの光による展示品の劣化を恐れて写真撮影はNGです。

広くて見所いっぱいの場所で、縄文時代好きや遺跡発掘好きな方は何時間いても楽しいと思います。


*おまけ*
三内丸山遺跡を後にして向かった十和田湖
Ca390363
とても広い湖でした。
透明度の高い湖なのですが、着いたのが夕方だったのでいまいち。
今度行くときには早めに行きたいです。

« 青森、秋田旅行④ 斜陽館 | トップページ | 青森、秋田旅行⑥ 奥入瀬渓流 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541114/48535811

この記事へのトラックバック一覧です: 青森、秋田旅行⑤ 三内丸山遺跡:

« 青森、秋田旅行④ 斜陽館 | トップページ | 青森、秋田旅行⑥ 奥入瀬渓流 »