最近のトラックバック

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

にゃんこー!!

先週あたりから、庭先に子猫が遊びに来るようになりました。

暑いからか石の上がお気に入りで、よく寝転がっています。

掃除機の音にびびって、転がり落ちてるときもありますがdelicious

掃除が終わると、辺りを警戒しながら、また石の上に戻って昼寝してます。

Pap_0150_2 Pap_0147_2

望遠なのではっきりしませんが、近づくと逃げちゃうのでsweat01

我が家のアイドルですcat

御岳渓谷で散歩

流山から行きやすい渓谷を探していたら、青梅市観光協会HPで御岳渓谷を見つけました。

電車に乗れば行けて、駅からすぐにハイキングコースがあるとのこと。
南流山からだと、武蔵野線-中央線-青梅線と乗り換えが少なくてすみます。
晴天の日曜日、先週のリベンジ!とばかりに行ってきました。

乗り換えに少し時間がかかりましたが(青梅駅から先が単線なので、上り下りの待ち合わせで4~5分途中でとまります)、流山から2時間30分電車に乗ればこんな風景が広がります。

Ca390421

観光協会HPの推薦コースは、軍畑駅で降りて、多摩川沿いに御岳駅まで歩いていく1時間30分のコース。
途中、美術館や酒造なども紹介されていますが、今回はひたすら川沿いの遊歩道を歩きました。

Ca390423 Ca390424

軍畑駅からすぐのあたり。ちょっと荒々しい感じ。
Ca390426
道が細かったり、草が背高く伸びていたりします。
次の沢井駅のあたりまでこんな感じなので、足元はしっかり覆ってある格好がお勧めです。

ところによって流れが穏やかで、水の中に入れるような場所があります。
Ca390427 Ca390429
水が澄んでて、冷たくて、気持ち良かったですlovely

沢井駅-御嶽駅間の遊歩道は、とても整備されています。
Ca390433

道自体が数人で行き違えるくらい広く、途中に椅子が置いてあって休憩できます。
広い川辺や、シートを広げて大人数でお弁当を食べられるような場所もあります。

遊歩道は地域の方が住んでいるお家の庭先を通っていったり、無人スタンドが設置されていたり。
それを見るだけでも楽しめます。
Ca390432
カヌーをする人たちのカヌー置き場。
カヌーをするために借りているようなお家もあり、海の家ならぬ「川の家」という感じでした。

同じ川でも場所によって、水遊びができる安全そうな地域、カヌー下りができる激流の地域、釣りを楽しむ地域
(主に御嶽駅から上流の地域)などに別れていました。
昨日の月曜日に、多摩川で水難事故があったとニュースになりました。
とても気持ちいい場所で、今回のように歩くだけでもすごく楽しめますが、川の流れが速い場所だとあっという間に流されちゃいそうで危ないのも事実。
気をつけて、楽しみたいですね。

Ca390438

八子が峰ハイキング

梅雨も空けて、気が付けば7月後半。
日差しが強くて、日中外にいるのがつらくなってきました。

すっかり、ブログの更新ご無沙汰してましたsweat01
お久しぶりですhappy01

青森旅行以来、緑とか水の流れるところにいきたくなります。
今月はちょっと自然の中を歩く機会に恵まれていて、先週は友達に誘われて、長野県の蓼科高原にある「八子が峰」のバスハイクに参加しました。

今回のバスハイクツアー
「八子が峰」聞いたことのない地名だったのですが、標高1800mでお花が咲き乱れ、日本アルプスなどの山々が見えるとても景色のきれいなところ。とのこと。
標高は高いけれど、バスである程度の高さまで登ってくれて、あとはゆっくり峰伝いを歩く初心者にもやさしいツアーだということでした。
山登りでいつも筋肉痛になっている私には、とてもありがたい話です。

さて、新宿からバスに乗って3時間ちょっと。
出発地点から軽く山登りをして、さほど高低差のないところを歩いていきます。
歩き出してからの風景はこちら
Pap_0146

歩き出しは曇り。
少し嫌な予感がしつつ歩いていると、小雨になり、頂上に着いたときにはこんな感じ。
Pap_0143
まったく他の山が見えません。

そして霧が…
Pap_0142
景色を楽しむ感じではなくなってしまいましたsweat02

この日はまだまだ梅雨が抜けていなくて、天気予報も曇りのち雨、ところによってはどしゃ降り予報でした。
実際、歩き終わって温泉に入っているときにどしゃ降りになりました。
うーん、残念!

でも、こんな感じでお花は咲いていたし
Pap_0141 Pap_0145

岩もちょっと味がある感じで、見える景色は良かったです。
Pap_0140

流山からは遠い長野県ですが、晴れているときなら絶景だったと思います。
またいつか、チャレンジですね!

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »