最近のトラックバック

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

一年に一度は

流山市の健康診査を受けてきました。

会社に属していないとなかなか健康診断を受ける機会がないのですが、アラフォーになって流山市から用紙が送られてきてました。

それをつい最近までうっかり忘れていてsweat01

予約をしたらあっさりとれたので、思い立った翌日受けてきました(中には、予約をとらなくても直接受けられる診療所もあるようです)。

所要時間30分位。結果は来週聞きにいきます。

一年に一度くらい、チェックをするのも大切だし。

私は患者さんに鍼灸もしているので、肝炎チェックもお安くできるのはありがたいです。

今月31日までなので、40歳以上でお忘れの方は早めに行くといいですよ~hospital

地元のお祭り

今日は処暑でしたが…
秋になる気配はどうだろう??
ちょっと風が涼しいのと、今の時間に冷房入れなくても汗だくにならなくてすんでるのが変化でしょうか?
今年は残暑が厳しそうですね。

さて、この土日は花火大会や、地元のお祭りがありました。

まず土曜日。
地元のお祭り1日目でしたが、やっぱり花火が見たくてそちらに行きました。
でも、今年は川までは行かずに遠くから。
近くのコンビニの駐車場でよく見ることができたのです。

といっても、こんな感じですが。
2010
雑草の背が高いのと、電柱邪魔!
でも、混雑せずに見られるせいか、結構人が集まっていました。
特に3,4歳くらいまでの子連れの方が多かったかな。


そして、日曜日。地元のお祭りにちょこっと参加。
2010_2

大人神輿がお祭り会場に戻ってくるところです。
大人神輿は、町内会に属している(団地の家ほぼ全部)各家の前をぐるっと周り、2時間後くらいに会場に戻ってきます。
今年は人数も多くて、威勢のいいお神輿でした。

「体が弱るとね…」

マッサージをするとき、私は患者さんと雑談していることが多いです。

もちろん、話したくない方は無理にお話しませんが、お話をするとその方の背景や考え方がわかってきて、こちらもやりやすくなるし、いろいろ気づかされます。


そんな利用者さんの中に、「ドキドキするのが嫌い」という方がいます。

高校野球も、相撲も、オリンピックも、ワールドカップも、絶対見たくない。

ホラーはもちろん、サスペンスやミステリーも嫌い。

「この先どうなるの~!」と、手に汗握る感じが苦手なのだそうです。

ずいぶん慎重な方だなぁ、それが面白いのになぁと思っていたのですが、その方が仰るには、

「体が弱るとね。心も弱くなるのか、そういう刺激的な事はいらなくなるのよ」とのこと。

なるほどね。と思い当たりました。

ご高齢の方に、「○○をやってみれば?」とか、「△△に行ってみれば?楽しいよ~」と提案しても、「おっくうだから」とか「やりたくない」と拒否されることがあります。

今まで「やりもしないでなんでダメなんだろう?とりあえずやってみればいいのに」と思ってたのですが、それはいらない刺激だったのかもしれません。

自分だって、10代20代のころ楽しいと感じていたことがダメになったり、30代からやりたくなったことがある。

もっとその方にあった、やってみたくなることを提案しないと負担になるだけなんだなぁと気づかされました。

利用者さんの言葉は勉強になります。


ちなみに、ドキドキするのが嫌いな利用者さんの現在の楽しみは、韓流ドラマを見ること。

「お友達が見てるというのを馬鹿にしてたんだけど、自分が見出したらはまっちゃったのよ!」とのことでした。

そちらのドキドキはありなんですねsmile

卵が先か、にわとりか?

久しぶりにマッサージ受けてきましたheart04
ここのところ背中が張っていたので、ぜひとも施術を受けたかったのです。
30分コースでお任せ!。
毎度のことながら、「なるほど、そこはそうやって揉むのねぇ」なんて思いながら、体の表も裏ももんでもらいました。
さて、施術が終わると、マッサージ師さんが「首と肩が張ってます。ここのところ、よく眠れてませんか?」と聞いてきました。
首肩は、マッサージ師ならたいてい凝るところですが、そういえばここ数日寝付き悪いよなぁと思って、「そうですね。」というと、「よく眠れてないと、そこが凝ってきます。眠るようにすると、肩の調子が違いますよ」と答えが返ってきました。

なるほど。と思いつつ、以前受けた講習会のことを思い出しました。

以前、足裏マッサージの講習を受けたことがあり、講師の先生にもんでもらったことがありました。
そのときもちょっと寝不足状態だったのですが、先生が「ああ~、ここがこんなになってたら、夜眠れないでしょ」と仰ったのです。
自分でも触ってみると、たしかに先生の言う「ここ」はガッチガチでした。
その日、他の講習生といろんな箇所を揉みあいっこしていたら、終わるころにはほぐれ、その日の夜は爆睡したのでした…

そんなことがあったので、
体が硬くなってるから、よく眠れないの?
眠れてないから、体が硬くなるの?
あれ?どっちだろう??と、ちょっと考えたのでした。

でもまあ、更に考えたら。
どちらにしても硬いところはほぐしたいし、気持ちよく眠りたいから、
日ごろからストレッチして硬いのをちょっとほぐしてから、とっとと寝るっていうのが一番だな!
と思いましたwink

ソルト

アンジェリーナ・ジョリー主演のアクション映画「ソルト」を見ました。
考えてみたら、今までアンジェリーナ・ジョリーの映画見たことありませんでした。
たくさん主演映画があるのに!

他の映画が始まる前の宣伝でよくかかっていて、アンジェリーナ・ジョリーきれいだなぁ、アクションすごいわぁと思っていました。

本当に6人もお子さんのいる、お母さんなんですかね!
きれいでした~lovely


*以下ネタバレ含む感想です*

CIA捜査官のソルトが、旧ソ連のスパイで、ロシア大統領暗殺→米ロ関係を悪化させる任務を背負っていると密告される。
見に覚えのないソルトは、身の潔白を証明するために逃亡する…

という話なのかと思いきや、実際そうだったみたいで計画実行!
元の仲間のところに戻るのかと思いきや…

みたいな。

結構、2転3転する話でした。
そして、ソルトは最強です。
映画に登場する誰よりも強かったです!
映画の最初に北朝鮮の捕虜になっていましたが、なんで捕虜になっちゃったんだかわかりません。

見どころはやっぱりスタント!
ほとんど本人がスタントをやっていたと何かで読みましたが、体を張るスタントが多い。
高速道路上で車を次々飛び乗っていったり、バトルシーンも多かったし。
あれを本人がこなしていたのは、すごいと思いました。

お話は置いといてsweat01
スタイル抜群で、格好よくて、アンジェリーナ・ジョリーすごいです!

熱中症注意です

今日も一日本当に暑かったですねbearing
今も、夜だというのにセミが鳴きまくっています。
気温が下がっていた数日前まではおとなしかったのですが…

訪問マッサージで伺ったお宅でも、利用者さんが発熱していたり、いつもより血圧が低くて心拍数の多い方が多かったです。
体から熱を逃がすために血管を開き、なおかつ体全体に血液を送るために、体もがんばっているようです。

テレビなどでも熱中症対策として、水分、塩分をこまめに取ること、熱が出ていたら額だけでなくて首筋、脇の下などを冷やすように紹介しています。
血管の浮き出ている箇所なので、ここを冷やすことで手っ取り早く血液が冷やされて、熱を冷ますことができます。

そして、冷房を上手に使って、熱がたまらないように気をつけましょう。


また、熱中症とは直接関係ありませんが、
マッサージをしていると、夏に入ってから案外足が浮腫んで冷えている方が多いです。
冷房で冷やされちゃう+運動不足でしょうか。
また、お話を聞くと冷房の中で冷たいものばかりとっている方も多いです。

浮腫んでいるということは、足の循環が悪いということで、その分、頭や体の上部に熱がたまりやすい状況を作ります。
寝る前などにアキレス腱を伸ばしたり、足首を回したり、足浴だけでもして少しでも浮腫みを解消してください。
そして、お腹から下はタオルケットでもいいのでかけて冷やさないようにしてください。
「足熱頭寒」を心がけるのも、体調不良の予防です。

また、体の外から中から冷やしてしまうと、内臓が疲れて一気にだるくなってしまいます。
夏は汗腺などが開いて汗を出す季節ですが、開いているからこそお肌から外の寒さを吸収しやすい季節です。
本来の暑さとは異なった環境にずっといると、体のリズムが狂います。
クーラーの中にずっといる方は、あえて汗を出しやすい状況を作ることも大事なので、温かい物を飲んで体の内を温めることを心がけてください。
一瞬ブワッと汗が出ますが、その後に体がすっきりしますよ。

8月15日

お盆の中日でもありますが、終戦記念日です。

今年はテレビで関連番組を見ることが多かったです。

12時の黙祷も、テレビの前で参加しました。

当時の国際関係を考えると、日本だけが独断で突っ走って戦争に突入したわけではないと思うので、悪者のように言われ続けるのはどうなのだろう?とも思うのですが、

一般市民として考えると、戦争は残酷でひどい行為で、それで幸せになった人はいないんじゃないかと思います。

戦争にいった人は、私たちと同じように普通に生活していた人たちで、兵士になりたくてなった人はそういなかったんじゃないか。

国のため、家族のためと思い込まなきゃ、やってられなかったんじゃないかと思うと、とてもお気の毒で称えられてしかるべきと思います。

でも、「国のために闘ってくれてありがとう」と言っていいのか、「よくがんばりましたね」と言っていいのか、ちょっと考えてしまいます。


65年間の不戦の記録が、これからも伸びますように。

これからも「今現在の私たちは平和で、安心して暮らしています。幸せですよ。」と言えるように。

1年に1回くらい、立ち止まって考えなくちゃいけませんね。

丸亀製麺に行ってきました。


今日のお昼は、豊四季にある丸亀製麺の讃岐うどん

喜楽里の湯前の、TSUTAYA敷地内にあります。できてたの知りませんでした!

12:30くらいにお店に着いたのですが、大人気で、TSUTAYAの広い駐車場が満車でした。

すごい人気です!

ただ、うどんなので回転が速く、待たされることなく店内に入れました。


今回は、釜玉うどんと、てんぷら3種類くらい。

ねぎをかけて、出汁醤油でいただきました。

うどんは極太、すごく歯ごたえがあります。すごい存在感!

からめる温泉卵がちょっと弱いです。

次回食べるとしたら、釜揚げかなぁ。

一切写真なくてすみません。


*おまけ*
今年の我が家の緑のカーテン
Pap_0152 Pap_0151

なかなかゴーヤができなかったのですが、この頃はポツポツできています。
小ぶりですが、苦味がきつくなくて美味しいです。

お盆のしきたり

この頃、通勤電車の混雑が少なくなりました。
みなさん、お盆でお休みでしょうかね。
暑い季節なので、少ない車内は快適ですが、ちょっとお休みの方がうらやましい気もします。
とはいえ、お盆休みなので、遊びに行っている方ばかりではないと思うのですが。

この時期、患者さんとお盆についてお話しすることが多いです。
伺っていると、それぞれのご家庭でしきたりが違うようです。

お昼にお墓参りをして迎え火を焚く方、夕方に焚く方、特にお墓参りはせずに自宅前で焚く方などなど。
日にちも、今日(12日)すでにお迎えをしているお宅、明日のお宅と様々でした。

送り火についても、朝早くに焚く方、夕方できるだけ遅くに焚く方、お墓まで送る方、家の前で送り火を焚いて済ませる方、田んぼの途中まで送る方などなど。
日にちはだいたい16日ですが、15日に焚くという方もいらっしゃいました。

10人くらいに聞きましたが、本当に様々で、同じやり方をしている方はいないかもしれません。

ちなみに我が家は、13日お昼に一度お墓の掃除、夕方お迎え、16日の早朝に送り火を焚きます(早く焚くことでご先祖が仏様の近くに帰ることができるように。ということらしいです)。

これって、宗派とか、地域によって違うのでしょうかね?
どちらにしても、ご先祖や故人に思いを馳せる習慣なのは間違いないですよね。

すでにお盆が終わっている東京の患者さん宅で、こんな話を聞きました。
その患者さんは若干認知症の方なのですが、娘さんに、「そちらにいらしてる方にも挨拶してね」とはっきり仰っていたそうです。
娘さんは、「お母さんがにっこり笑ってたから、誰かいるんだと思う」と仰っていました。
やはりこの時期、帰ってきてるんですね。

NHK朝の連続テレビ小説

我が家の朝は、NHKにしていることが多いです。
そのため、毎朝、朝の連続テレビ小説を見ています。

正直、朝ドラは、アタリの時と大ハズレのときがあり、アタリだと始まる前に用事を済ませてじっくり見てますが、ハズレだと時計代わりでさっぱり見てません。
今の「ゲゲゲの女房」は面白いので、案外しっかり見ています。

ここで憶える俳優さんも多く、その後別なドラマで見かけたり、頻繁にTVで見るようになると、
「○○をやっていたのに立派になって!」とちょっぴり母な気持ちになります(きっと、全国でそんな気持ちの人は多いはず)。
ゲゲゲの向井理さん、以前から売れっ子さんですが、いまやいろんなところに出演されてますね。

今まで見てきた朝ドラの中で、私の中の1位は「ちりとてちん」で、現在日曜深夜に1週間分まとめて再放送中です。
我が家では、録画しておいて、平日夜に6話分見ています。
ここ1,2週は、草若師匠が亡くなる話だったので、毎話ごとに泣かされてました。

今夜もまとめ見をして、こってり泣かされましたsweat02
再放送でもこれほど泣くんだもの、放送当時は朝の支度に支障が出てましたね~
なかなかお化粧できない日がありました。
1分が惜しい、出勤前の時間帯。
ある意味、朝ドラには向いてなかったかもしれません。
でも、笑わされて、ほろっと泣ける、本当にいいドラマです。

見てない人には、さっぱり?な話題ですみませんsweat01

一人前になるのって

今日、NHKで「ジブリ 創作のヒミツ 宮崎駿と新人監督 葛藤の400日」という番組がやっていました。

今上映されている「借り暮らしのアリエッティ」の、製作舞台裏というか、監督経験のないアニメーターの監督の奮闘記というか。
以前、ポニョの製作舞台裏をやはりNHKで特集していて、宮崎監督の妥協しない物づくりの過程が面白かったので、今回のも楽しみにしてました。


37歳のド新人監督の立場になったら、国民的アニメのスタジオジブリ作品を任されるプレッシャーとか責任とか、押しつぶされそうだったんじゃないでしょうか。
しかも、大御所監督が近くで見ていながら一切助言せずに見守ってるなんて、なんてプレッシャー!
意見をついつい聞きたくなるだろうし、周りの反応を見ながら上手くまとめたくなるだろうし、どこまで自分の意志を貫いて作品を作るのかとか、相当葛藤しただろうなあ。と思いました。
最後、宮崎監督との意見の相違が出たとき、自分の演出を信じて意志を貫いたようですが、悩んで苦しんだからこそ、できたんだと思います。

宮崎監督の立場だと、もう言いたくてたまらないことは多かったに違いないけど、一人の監督を育てるんだと思って一切合切我慢するなんて、これまた大変!!
自分で作ったほうがどれだけ楽か!と思ったに違いない。
未知数の監督に、すべてを任せるなんて、普通だったら怖くてできないですよね。
言い出したらどこまでもきりがないから、これが自分の信念と仰っていましたが。

一人前になるのって、育つ人、育てる人の努力の賜物。ですかね。
こういうドキュメンタリーって、本当に見るのが面白い。
ひるがえって、自分はどうかな?と思ったりした1時間15分でした。


この頃好きなもの

去年の夏は、炭酸水にはまってました。
甘くなくて、炭酸のシュワーッとする感じが飲みやすくて好きなのです。

それはそれで今年も飲んでますが、今年はまっているのはこれ!
Photo

日本コカコーラ社から出てる「い・ろ・は・す みかん」です。
もともと「い・ろ・は・す」そのものも飲みやすくて好きなのですが、ほのかにみかんの味(オレンジにあらず)がするのがポイントです。
甘すぎず、でもちょっと甘い感じが欲しいときにお勧めです。

応用編(?)として、コーヒーにちょっと「い・ろ・は・す みかん」を加えるとほのかに香って、これまた美味ですよ。

立秋過ぎました

またまた前回からあいてしまいましたsweat02
お久しぶりですhappy01

いつの間にか(?)8月ですね。
まだまだ暑いですが、日中空を見てみると、空全体が高くなってきた感じ。
夜は涼しい風が吹くようになってきたし、秋に近づいているんだなぁと思います。
異常気象といわれてますが、案外二十四節季どおりに進んでいるんですね。

とはいえ、まだまだ夏のお楽しみ行事がいっぱいあるので(流山花火大会とか、地元のお祭りとか)
夏を楽しみたいと思いますsun
さて、その前に仕事してきます!

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »