最近のトラックバック

« 8/12の流山市安心メールより | トップページ | 8/15の流山市安心メールより »

TOHOシネマの日

今日は毎月14日のTOHOシネマの日で、TOHOシネマズでは映画が1,000円で見られます。
さらに、今の時期、ネットでチケットを購入すると、100円引きの900円になります!

というわけで、仕事が入らなかったのをいいことに、「コクリコ坂から」と「こち亀」を見てきました。
2本見ても1,800円で通常の1本料金。なんか得した気分ですnote
毎度おなじみのおおたかの森S.Cに行きましたが、人が多かったです。

**さらっと、ネタバレ含む感想**

「コクリコ坂から」は、昭和30年代の高校生のお話。
恋愛話でもあるけれど、高校生活の話として観るのがいいかも。
ちょうど同じころに高校生だった人には、青春を思い出させる話なんじゃないかと思いました。
文化部のアトリエ、カルチェラタンに関わる部分がすごく活き活きしていました。
宮崎駿監督の年齢だと多分ジャストで、あの時代の、あの空気を再現したくて映画化したのかなぁと思いました。
ただ、恋愛話としても成り立っているから、そこは吾朗監督が成り立たせた部分なのかも。


「こち亀」は、正直あんまり期待してなかったんですが(失礼な!)、案外良かったです。
笑って、ちょっとほろっとくる内容で、ドラマよりも、こちらのほうが好きでした。
寅さん映画みたいに、観終わったあとに明るい気分になります。
エンディングで流れるのが365歩のマーチだし。
そして、深田恭子ちゃんがお母さん役で出てきましたが、こういう役が似合う年齢なったんですねぇ。
制服とか、ロリータファッションしていたのを観ていたので、大人になったフカキョンを観た気分です。

« 8/12の流山市安心メールより | トップページ | 8/15の流山市安心メールより »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541114/52475381

この記事へのトラックバック一覧です: TOHOシネマの日:

« 8/12の流山市安心メールより | トップページ | 8/15の流山市安心メールより »