最近のトラックバック

« 5/10の流山市安心メールより その2 | トップページ | 5/17の流山市安心メールより »

「東洋絵画の精華」展に行ってきました

先週東京国立博物館で見た、平治物語絵巻
現存する3巻のうち、2巻は現在国立博物館で見られます。
残り1巻が、二子玉川の静嘉堂文庫美術館 で展示されているとのことだったので、見てきました。

雨だったし、二子玉川の駅から少し離れているので、人が少なめ。
おかげで、展示物の前に張り付いて、じっくり見ることができました。

W_toyo_11(静嘉堂文庫美術館HPより)

会期中、どの箇所を展示するかは変わっていたようで、見に行った時は巻物の最後の場面。
信西の首が引き渡されて、獄門にさらされている場面でした(余談ですが、獄門って、獄舎の門前にさらし首にするというところからとったらしいですね。よく時代劇で聞くせりふですけど)。
首そのものより、周りの人物描写が細かくて、1人1人表情やリアクションが違っているのを見るのも楽しめる絵巻物でした。
頭の中で勝手に大河ドラマのBGMが流れるので、迫力もあるし。
うーん、これくらい国立博物館でもじっくり見られるといいんだけどなぁ。

他にも、仏画や水墨画などなど展示されていましたが、江戸絵画のコレクションが見ごたえありました。
江戸時代の琳派、狩野派、円山派の絵師達の絵の屏風や掛け軸など。
コンパクトにまとまっているので、各派でそれぞれ違いがあるのがわかります。
私は尾形光琳の鵜船図が好きでした。

「東洋絵画の精華 ①珠玉の日本絵画コレクション」展は、5月20日までです。


Ca390376 Ca390379
静嘉堂文庫美術館。今回初めて行きました。
周りは緑豊かな住宅街。二子玉川駅からバスで10分くらいのところでした。

« 5/10の流山市安心メールより その2 | トップページ | 5/17の流山市安心メールより »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541114/54720072

この記事へのトラックバック一覧です: 「東洋絵画の精華」展に行ってきました:

« 5/10の流山市安心メールより その2 | トップページ | 5/17の流山市安心メールより »