最近のトラックバック

音楽

中村紘子さんのリサイタル

今日は流山市文化会館ホールで中村紘子さんのピアノリサイタルがありました。
その昔、ピアノを習っていたときに、参考にしようと中村さんのショパンのCDを聞いていました。
いまや楽譜を見てもなんのことやら状態でピアノは弾けなくなり、コンサートで聞くばかりとなりました。
そのうち絶対中村紘子さんのリサイタルに行きたいと思っていたけど行けていませんでした。
その中村さんの演奏を、まさか流山で聞くことができるなんて!
流山市G.J!good


そんな中村さんの演奏は
バッハはチェンバロで弾かれてるごとく、ベートーベェンは激しく、ドビュッシーはちょっと現代的に(というか、ドビュッシーの曲にあんなに激しい曲があったんですね)、ショパンは華やかに勇壮に弾き進められていきました。
アンコールはショパンのノクターンと、黒鍵。
ちょうど座った所が演奏する姿がよく見える場所だったのですが、指がちょっとしか動いていないようなのに激しく早い音が出ていたり、腕が舞うように動かされるのと合わせてやさしい音が出ていたり、、音の響きも計算されつくしていて、すごく多彩な音たちでした。
ピアノってこういうふうに弾く楽器なのね、と改めて思った感じ。
はぁ~もっと聞いていたかったなぁhappy01


さて、改築工事後初めて訪れた文化会館は、一見変わってなさそうに見えましたが、椅子はフカフカで座りやすくなってるし、照明もきれいなってました。
そして、音響が良かった!
ピアノの出す小さな音も、大きな音も、すごく明確に聞こえました。
いいホールだなぁと思いましたnote


これからまた、文化会館でいろんなプログラムが組まれているようなので楽しみnote
今日もらったチラシでは、10月に根岸弥生さんのチャリティーコンサート(生涯学習センター多目的ホール)、11月にベルリンフィルのアンサンブル(文化会館)がくるようです。

笑顔のまんま

今日のスマスマで、BEGINとスマップが歌ってました。

BEGIN with アホナスターズ/笑顔のまんま(YOUTUBE)

ちゃんと聞いたのはじめてでしたけど、いい曲ですね♪

なんか染みちゃいました。

「あの時はあの時さ」、そうだよねぇconfident

見たかったー!

今朝のめざましテレビで放映されていましたが、

MADONNAツアーに参加していた日本人ダンサーTAKAHIROが、新宿の街角でマドンナの新アルバム発売イベントを行ったそうです(sanspo.com)。

街角で突然、マドンナの曲に合わせて200人のダンサーが踊りだし、終わったら何事もなく去っていくイベント。

巻き込まれた人は、ボー然ですよねhappy02

youtubeでアップされてたらリンクを張ったのですがなかったので、

イギリスの電話会社のCMで同じことをしている画像があるので、見てみてください!

アントワープの駅でのこちらも、遭遇したら興奮しちゃいますね!

マイケルが…

連日のウインブルドン観戦がとまりませんtennis

どの試合も面白くて、ついつい夜中にテレビ見ちゃいますhappy02

昨日の、ヒューイットとデルポトロの一戦も大興奮!
現在56位まで順位を落としているヒューイットが、世界5位のデルポトロに自分のテニスをさせずにストレート勝ち。
大事なところで決まるサーブとレシーブ、緩急をつけた攻撃が本当にお見事でしたhappy01
また、喜び爆発なところも、引き込まれるんですよね~
すごく調子が良さそうだし、どこまで勝ち進むか楽しみです。

うう、当分寝不足の夜が続くよ…


そして、今日の朝一番の衝撃は、マイケル・ジャクソンの死!
まさかこんなにあっけなく亡くなっちゃうとは…

もうあのパフォーマンスを見られないんですねweep

古澤巌さん

「徹子の部屋」に、ヴァイオリニストの古澤巌さんが登場されました。

いつもお洒落な古澤さん、今日も素敵なコーディネートでお話になっていました(注文してから、調整を重ねて2年間かかるお洋服を着てらっしゃるなんて、本当にお洒落です!)。

葉加瀬太郎さんとの「ヴァイオリンブラザーズ」、黒柳さんのお父様とのお話、武道のお話、また新しいアルバムから1曲演奏されていました。


私、古澤巌さんのヴァイオリン演奏が大好きなんです

はじめて聞いたのは、タバコのCMで「ショーロ・インディゴ」という曲でした。

Photo_4

(このアルバムの1曲目です)


すごく艶やかな音で、ずっと頭の中をグルグルしていました。

それから気になって、コンサートに行って、はじめて音が気持ちよくてフワフワするという体験をしました。

頭の中をマッサージされてるようでとても気持ちよく、コンサートの帰り道は幸せな気持ちに包まれたまま帰ったのを思い出します。


Photo_5

そして、今一番気好きなのは、ピアニストの高橋悠治さんと組んで発表したアルバム

お二人で組んだアルバムは2枚発表されていますが、どちらも本当にいいです。

高橋さんのピアノがまた、空間に広がっていくような素敵な音なのです。

1枚目はブラームスの「雨の歌」、2枚目はフランクの「ヴァイオリンソナタ」が収録されています。

葉加瀬太郎さんや、東儀秀樹さん、ライブ・イマージュ、ギターのアサド兄弟、タイフーンバンド、ステファン・グラッペリとのアルバムなどなど、いろいろな方とのコラボレーションアルバムや、古澤さん単独でのアルバムも発表されてます。

何人かいる、「同時代に生きててよかった~!」と思わせてくれるアーティストです。